研究者
J-GLOBAL ID:201801014120522581   更新日: 2021年10月14日

正田 純一

シヨウダ ジユンイチ | Shoda Junichi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (5件): 生理学 ,  内科学一般 ,  栄養学、健康科学 ,  消化器内科学 ,  分子生物学
研究キーワード (20件): 転写因子 ,  酸化ストレス ,  糖鎖医学 ,  癌遺伝子 ,  粘液形質 ,  胆管癌 ,  胆嚢癌 ,  胆管炎 ,  肝内結石症 ,  胆嚢機能 ,  コレステロール代謝 ,  胆石症 ,  胆道疾患 ,  トランスポーター ,  胆汁酸 ,  肝内輸送 ,  胆汁うっ滞症 ,  非アルコール性脂肪性肝疾患 ,  肝疾患 ,  分子標的治療
競争的資金等の研究課題 (59件):
  • 2020 - 2023 抗酸化ストレス応答転写因子Nrf2は肥満者におけるサルコペニアの形成を抑止する
  • 2020 - 2023 運動実践は口腔内細菌叢の異常を改善し歯周病に関連した脂肪性肝炎を改善する
  • 2020 - 2023 p62の脂肪酸代謝と臓器連関を介したNASH発症進展における役割
  • 2019 - 2022 新規肝癌動物モデルとヒトNASH肝癌臨床検体を用いたNASH発癌機構の解明
  • 2019 - 2022 新規肝癌動物モデルとヒトNASH肝癌臨床検体を用いたNASH発癌機構の解明
全件表示
論文 (175件):
  • Oh, Sechang, Tsujimoto, Takehiko, Kim, Bokun, Uchida, Fumihiko, Suzuki, Hideo, Iizumi, Seiichiro, Isobe, Tomonori, Sakae, Takeji, Tanaka, Kiyoji, Shoda, Junichi. Weight-loss-independent benefits of exercise on liver steatosis and stiffness in Japanese men with NAFLD. JHEP reports : innovation in hepatology. 2021. 3. 3
  • Okada, Kousuke, I, Miura, S, Komine, S, Wada, E, Warabi, F, Uchida, Oh S, H, Suzuki, Y, Mizokami, J, Shoda. Prevention on non-alcoholic steatohepatitis by long-term exercise via the induction of phenotypic changes in Kupffer cells of hyperphagic obese mice. Physiological Reports. 2021. 9. 9. e14859
  • Uchida, Fumihiko, Oh, Sechang, Shida, Takashi, Suzuki, Hideo, Yamagata, Kenji, Mizokami, Yuji, Bukawa, Hiroki, Tanaka, Kiyoji, Shoda, Junichi. Effects of Exercise on the Oral Microbiota and Saliva of Patients with Non-Alcoholic Fatty Liver Disease. International journal of environmental research and public health. 2021. 18. 7
  • 正田,純一. Establishment of a murine, lipopolysaccharide-induced sepsis model for testing anaerobic exercise thresholds and early mobilization. Medicine in Drug Delivery. 2020. 100074
  • Shoda, Junichi, Shida, Takashi, Oshida, Natsumi, Suzuki, Hideo, Okada, Kos, Watahiki, Takahisa, Oh, Sechang, Kim, Taeho, Isobe, Tomonori, Okamoto, Yoshikazu, et al. Clinical and Anthropometric Characteristics of Non-obese NAFLD Subjects in Japan. Hepatology Research. 2020. 50. 9. 1032-1046
もっと見る
特許 (3件):
  • 肝内胆管がんの検出,判別の方法
  • 肝内胆管がんの検出,判別の方法
  • 非アルコール性脂肪性肝炎および肝腫瘍自然発症モデルとしてのp62:Nrf2遺伝子二重欠損マウスおよび該マウスを用いた方法
書籍 (70件):
  • 健康づくり
    社会保険研究所 2020
  • 健康づくり
    社会保険研究所 2020
  • 健康づくり
    社会保険研究所 2020
  • Whole-body vibration for patients with nonalcoholic fatty liver disease: a 6-month prospective study
    WILEY 2019
  • Whole-body vibration for patients with nonalcoholic fatty liver disease: a 6-month prospective study
    WILEY 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (114件):
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)における運動療法の重要性
    (第11回肥満と消化器疾患研究会 2021)
  • 継続的走運動は筋-肝連関を介して脂肪性肝炎の炎症・線維化を改善する
    (第43回日本肝臓学会大会 2020)
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)における肝線維化進展と食習慣の関連性
    (第43回日本肝臓学会東部会 2020)
  • 非アルコール性脂肪性肝疾患の非肥満症例における病態解析と治療標的の検討
    (第43回日本肝臓学会東部会 2020)
  • 脂肪酸代謝制御因子p62はマウス脂肪性肝炎を防御する-組織細胞特異的p62遺伝子レスキューマウスの解析より
    (第24回日本肝臓病学会大会 2020)
もっと見る
委員歴 (8件):
  • - 現在 American Gastroenterological Association Membership
  • - 現在 フェロー,評議員
  • - 現在 American Association for the Study of Liver Diseases Membership
  • - 現在 日本胆道学会 評議員,認定指導医,編集委員,学会賞選考委員会委員,交際交流委員会委員,倫理委員会委員
  • - 現在 日本消化器病学会 財団評議員,専門医(7817号),指導医(1843号),専門医制度試験問題作成委員,ガイドライン作成委員,学術研究助成金選考委員会委員,肥満・栄養と消化器疾患委員会委員
全件表示
受賞 (34件):
  • 2019/05/10 - 日本消化器病学会 第105回日本消化器病学会総会 プレナリーセッション 優秀演題
  • 2018/04/20 - 第104回日本消化器病学会総会 プレナリーセッション 優秀演題
  • 2017/10/13 - 第25回日本消化器関連学会週間 ポスター優秀演題賞 優秀演題
  • 2017/10/13 - 第25回日本消化器関連学会週間 ポスター優秀演題賞 優秀演題
  • 2017/03/23 - 筑波大学 筑波大学人間総合科学研究科フロンティア医科学専攻優秀論文賞 優秀論文
全件表示
所属学会 (12件):
American Gastroenterological Association ,  American Association for the Study of Liver Diseases ,  日本内科学会 ,  日本胆道学会 ,  日本体力医学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本リハビリテーション医学会 ,  European Association for the Study of the Liver ,  American Association of Cancer Research ,  日本癌学会 ,  日本癌治療学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る