研究者
J-GLOBAL ID:201801014163642378   更新日: 2019年10月03日

松村康平

Kohei Matsumura
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 広島学院中学校・高等学校
研究キーワード (29件): 対話 ,  ハビトゥス ,  キリスト教教育 ,  感情 ,  知覚 ,  身体 ,  修辞学 ,  イメージ ,  社会変容 ,  解釈学 ,  聖書解釈 ,  物語論 ,  スアレス ,  ルイス・デ・モリナ ,  自由意志 ,  キリスト教 ,  涙 ,  体験 ,  中動態 ,  想像力 ,  イエズス会学校 ,  神秘思想 ,  討論 ,  演劇 ,  回心 ,  イエズス会 ,  イエズス会教育 ,  アウグスティヌス ,  イグナチオ・デ・ロヨラ
論文 (2件):
  • 松村康平. イグナチオ・デ・ロヨラの神秘思想の思想的系譜に関する一考察 : 『自叙伝』におけるマンレサの体験を中心に. 哲学・科学史論叢. 2019. 21. 29-50
  • 松村康平. Audiamus-『告白』第九巻一〇章二五節における-. パトリスティカ. 2014. 17. 58-88
書籍 (2件):
  • テオーシス--キリスト教霊性を形づくる東方・西方教会の伝統--
    教友社 2018
  • 『「若者」と歩む教会の希望』(2018年上智大学神学部夏期神学講習会講演集)
    日本キリスト教団出版局 2019
講演・口頭発表等 (12件):
  • 西洋思想史における授業実践-軸から考える思想の展開『アウシュヴィッツ』を例として
    (広島県私立中学・高等学校教科研究会社会科分科会 2013)
  • Audiamus-『告白』第九巻一〇章二五節における-
    (第143回教父研究会定例会 2013)
  • 「イエズス会教育の霊性史的意義:『ドイツ学院学則』をてがかりに」
    (ミニシンポジウム「プロテスタンティズムと『寛容』な社会-宗教改革はドイツに何を残したのか?」 2017)
  • イエズス会クリスト・レイ・スクールの試み
    (キリスト教教育懇談会第15回講演会 2017)
  • 日米の高校生の哲学対話:コンフリクトの創造性
    (応用哲学会第9回年次研究大会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2008 上智大学 神学部 神学科
  • 2008 - 2011 上智大学大学院 神学研究科 神学専攻
  • 2018 - 現在 東京大学大学院 総合文化研究科 国際社会科学専攻(相関社会分野)
学位 (2件):
  • 修士(神学) (上智大学)
  • Sacrae Theologiae Licentia (上智大学教皇庁立神学部)
経歴 (1件):
  • 2011/04 - 現在 上智学院広島学院中学校・高等学校 教諭
所属学会 (5件):
日本カトリック神学会 ,  教父研究会 ,  日本カトリック教育学会 ,  日本倫理学会 ,  中世哲学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る