研究者
J-GLOBAL ID:201801014172948226   更新日: 2021年03月09日

折田 奈甫

Orita Naho
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 言語学 ,  言語学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 人工言語を用いた項省略の研究
  • 2018 - 2020 左方周辺部における意味と語用のインターフェイス:脳科学的アプローチ
  • 2018 - 2020 項省略を考慮した日本語の統語的ブートストラッピング
  • 2015 - 2020 脳はどのように文法を生み出すのか-東アジア言語比較認知神経科学からの探求-
  • 2016 - 2018 母語獲得におけるわかりやすい学習事例の解明
論文 (15件):
  • Naho Orita, Hajime Ono, Naomi H. Feldman, Jeffrey Lidz. Japanese children’s knowledge of the locality of zibun and kare (accepted). Language Acquisition: A Journal of Developmental Linguistics. 2021
  • Naho Orita, Eliana Vornov, Naomi H. Feldman. Informativity, topicality, and speech cost: Comparing models of speakers’ choices of referring expressions (accepted). Discourse Processes. 2021
  • Naho Orita, Asumi Suzuki, Yuichiro Matsubayashi. The input to verb learning in Japanese: picture books for syntactic bootstrapping. Proceedings of 44th Boston University Conference on Language Development. 2020
  • 折田奈甫, 石井啓太, 鈴木あすみ, 松林優一郎. 絵本述語項構造コーパスの設計と構築. 言語処理学会第24回年次大会. 2018. 432-435
  • Hara Y, Orita N, Sakai H. Evidentials in causal premise semantics: theoretical and experimental investigation. Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics). 2018. 10838 LNAI. 282-298
もっと見る
書籍 (2件):
  • [to appear] Computational modeling. In Key Concepts of Experimental Pragmatics. (ed.) Yoichi Miyamoto, Masatoshi Koizumi, Hajime Ono, Uli Sauerland, and Kazuko Yatsushiro.
    2021
  • "3-year-olds' understanding of 'know' and 'think'" In Experimental Perspectives on Presuppositions
    Springer 2014
講演・口頭発表等 (12件):
  • 心理言語学における計算論的転回
    (計算言語学の現在(国語研究所「対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法」共同研究発表会) 2019)
  • 計算モデルを用いた第一言語獲得研究 -統語的・意味的言語知識の獲得を例に-
    (情報処理学会 自然言語処理研究会(NL研) 2019)
  • The input to verb learning in Japanese: picture books for syntactic bootstrapping
    (44th Boston University Conference on Language Development (BUCLD) 2019)
  • Verb arguments in Japanese picture books
    (41th Annual Meeting of the Cognitive Science Society 2019)
  • Japanese children’s knowledge of zibun and kare
    (MAPLL-TCP-TL 2019 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2010 - 2015 メリーランド大学 言語学科(PhD program)
  • 2007 - 2009 神戸松蔭女子学院大学 英語学(修士課程)
学位 (1件):
  • Ph.D. in Linguistics (University of Maryland)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 早稲田大学 理工学術院 准教授
  • 2018/04 - 2020/03 東京理科大学 理工学部 教養 講師
  • 2016/09 - 2018/03 東北大学 大学院情報科学研究科 データ科学国際共同大学院 特任助教
  • 2015/09 - 2016/08 東北大学 大学院情報科学研究科 特任助教
委員歴 (2件):
  • 2020/08 - 現在 言語処理学会 運営委員
  • 2017/06 - 現在 人工知能学会 編集委員
所属学会 (3件):
人工知能学会 ,  日本言語学会 ,  Cognitive Science Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る