研究者
J-GLOBAL ID:201801014215381667   更新日: 2020年09月01日

坂田 憲治

サカタ ケンジ | Sakata Kenji
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 循環器内科学 ,  心臓血管外科学
研究キーワード (6件): 循環器内科学 ,  虚血性心疾患 ,  冠動脈インターベンション ,  冠動脈イメージング ,  構造的心疾患 ,  肥大型心筋症
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2014 - 2016 大動脈弁狭窄症における心筋内微小循環の評価と臨床応用
論文 (91件):
  • Kenji Sakata, Tadatsugu Gamou, Hayato Tada, Kenshi Hayashi, Hidekazu Ino, Masakazu Yamagishi. Low Baseline High-Sensitive C-Reactive Protein is Associated with Coronary Atherosclerosis Regression: Insights from the MILLION Study. Journal of Atherosclerosis and Thrombosis. 2019. 26. 5. 442-451
  • Fujino N, Hayashi K, Sakata K, Nomura A, Kawashiri MA. Phenotype and Prognosis of the Lamin A/C Gene (LMNA) Mutation Carriers in Japan. Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society. 2018
  • Nakahashi T, Tada H, Sakata K, Nomura A, Ohira M, Mori M, Takamura M, Hayashi K, Yamagishi M, Kawashiri MA. Additive Prognostic Value of Carotid Plaque Score to Enhance the Age, Creatinine, and Ejection Fraction Score in Patients with Acute Coronary Syndrome. Journal of atherosclerosis and thrombosis. 2018. 25. 8. 709-719
  • Gamou T, Sakata K, Terai H, Horita Y, Ikeda M, Namura M, Yamagishi M, Kawashiri MA. Impact of stent deformity induced by the kissing balloon technique for bifurcating lesions on in-stent restenosis after coronary intervention. Journal of interventional cardiology. 2018. 31. 4. 421-429
  • D'Ascenzo F, Celentani D, Brustio A, Grosso A, Raposeiras-Roubín S, Abu-Assi E, Henriques JPS, Saucedo J, González-Juanatey JR, Wilton SB, et al. Association of Beta-Blockers with Survival on Patients Presenting with ACS Treated with PCI: A Propensity Score Analysis from the BleeMACS Registry. American journal of cardiovascular drugs : drugs, devices, and other interventions. 2018. 18. 4. 299-309
もっと見る
MISC (20件):
書籍 (1件):
  • 今日の循環器疾患治療指針 第3版
    医学書院 2013
講演・口頭発表等 (24件):
  • Optimal Extended Dual Antiplatelet Therapy Duration Particularly in Patients with Acute Coronary Syndrome.
    (第81回日本循環器学会学術集会 2017)
  • 血管内皮前駆細胞捕促VEGF固定化ステント及び生体分解性ポリマー薬剤溶出性ステントのステント内早期内皮化:ブタモデルによる検討.
    (第63回日本心臓病学会学術集会 2015)
  • Impact of baseline high-sensitive C-reactive protein on the regression of coronary atherosclerosis in patients treated with combined lipid and blood pressure-lowering therapy: Insight from MILLION study.
    (American Heart Association Scientific Sessions 2015 2015)
  • ステント血栓症はどこまで克服できたか
    (第128回日本循環器学会北陸地方会 2014)
  • OFDI/OCT guided PCIの有用性
    (第31回日本心血管インターベンション治療学会東海北陸地方会 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2000 - 2004 金沢大学大学院 内科学第二
  • 1991 - 1997 岩手医科大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (金沢大学)
経歴 (4件):
  • 2015/04 - 現在 金沢大学医学部附属病院 循環器内科 講師
  • 2013/04 - 2014/03 金沢大学医学部附属病院 循環器内科 助教
  • 2008/08 - 2010/12 スタンフォード大学 医学部循環器内科 博士研究員
  • 1997/04 - 1998/03 金沢大学医学部附属病院 第二内科 研修医
委員歴 (5件):
  • 2017/11 - 現在 日本心血管画像動態学会 評議員
  • 2016/10 - 現在 日本心臓病学会 代議員
  • 2016/04 - 現在 日本内科学会 北陸支部評議員
  • 2015/08 - 現在 日本心血管インターベンション治療学会 東海北陸支部地方会運営委員
  • 2014/07 - 現在 日本循環器学会 北陸支部評議員
受賞 (3件):
  • 2008 - 住友生命社会福祉事業団 海外医学研究助成金
  • 2008 - セント・ジュード・メディカル Stanford-St. Jude Medical Scholarship Program 2007
  • 2005/09 - 日本心臓病学会 Young Investigator’s Awards STA遺伝子ナンセンス変異による 心伝導障害、心房心筋症と心臓突然死
所属学会 (5件):
日本経カテーテル心臓弁治療学会 ,  日本心臓病学会 ,  日本心血管インターベンション学会 ,  日本循環器学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る