研究者
J-GLOBAL ID:201801014322705769   更新日: 2020年06月29日

川久保 雅友

カワクボ マサトモ | Kawakubo Masatomo
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-2byori/index.htmlhttp://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-2byori/index.html
研究分野 (3件): 細菌学 ,  実験病理学 ,  医化学
研究キーワード (5件): 微生物 ,  感染 ,  ムチン ,  消化管 ,  糖鎖
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2022 胃・十二指腸に特異的な腺粘液の腸内細菌叢による宿主への還元機構
  • 2016 - 2019 新規の胃分化型癌自然発症マウスモデルを用いたピロリ菌感染による胃癌の進展
論文 (52件):
  • Yasuo M, Droma Y, Kitaguchi Y, Ito M, Imamura H, Kawakubo M, Hanaoka M. The relationship between acrolein and oxidative stress in COPD: in systemic plasma and in local lung tissue. Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2019. 14. 1527-1537
  • Kawakubo, Masatomo, Horiuchi, Kazuki, Matsumoto, Takehisa, Nakayama, Jun, Akamatsu, Taiji, Katsuyama, Tsutomu, Ota, Hiroyoshi, Sagara, Junji. Cholesterol--glucosyltransferase gene is present in most Helicobacter species including gastric non-Helicobacter pylori helicobacters obtained from Japanese patients. HELICOBACTER. 2018. 23. 1. -
  • 市山 崇史, 川久保 雅友. 「呼吸器・感染症・アレルギー内科」「分子病理学」. 信州医学雑誌. 2018. 66. 1. 71-71
  • Kanaya K, Sakai K, Hongo K, Fukushima M, Kawakubo M, Nakayama J. High expression of ADAM10 predicts a poor prognosis for patients with glioblastoma. Int J Clin Exp Pathol. 2017. 10. 618-624
  • 川久保 雅友. What's new? -研究室探訪-. 信州医誌. 2015. 63. 6. 408
もっと見る
書籍 (2件):
  • 糖鎖の新機能開発・応用ハンドブック-創薬・医療から食品開発まで
    株式会社エヌ・ティー・エス 2015
  • Glycoscience: Biology and Medicine
    Springer Japan 2015
講演・口頭発表等 (4件):
  • Cell Processing Centerの構造設備保守管理下における異常通報発生状況の経年的変化の検証
    (日本輸血細胞治療学会誌 2017)
  • 酵素抗原法によるピロリ菌感染スナネズミにおける抗ピロリ菌抗体産生細胞の局在証明
    (日本組織細胞化学会総会・学術集会講演プログラム・予稿集 2016)
  • ホルマリン固定パラフィン包埋切片を用いた免疫染色に有用なハイルマーニ菌特異抗体の樹立
    (日本組織細胞化学会総会・学術集会講演プログラム・予稿集 2016)
  • Targeted drug delivery to brain tumor vasculature by carbohydrate mimetic peptide in mouse glioma model
    (GLYCOBIOLOGY 2014)
学位 (1件):
  • 博士(医学) (信州大学医学部病理組織学講座)
所属学会 (1件):
日本組織細胞化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る