研究者
J-GLOBAL ID:201801014362080303   更新日: 2021年10月26日

宮城 重人

ミヤギ シゲヒト | Miyagi Shigehito
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.surg.med.tohoku.ac.jp
研究分野 (1件): 外科学一般、小児外科学
研究キーワード (8件): マイクロサージャリー ,  膵腎移植 ,  過小グラフト ,  マージナルドナー移植 ,  肝胆膵外科 ,  幹細胞移植 ,  肝移植 ,  再生医療
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2021 - 2025 心停止肝に対する、酸素化灌流とMuse細胞移植を融合した臓器修復再生法の開発
  • 2020 - 2023 小腸移植グラフト機能回復を目的としたハイブリッド低温灌流法の開発
  • 2020 - 2023 羊膜を用いた虚血性潰瘍治療法の開発
  • 2018 - 2021 肝硬変から脂肪肝まで、あらゆる肝臓の切除を容易にする新規パルスジェットメスの開発
  • 2017 - 2020 マージナルドナー肝移植とMuse細胞移植を融合した新たな末期肝不全治療法の開発
全件表示
論文 (235件):
  • Norikazu Une, Kazuaki Tokodai, Norifumi Kanai, Yoshikatsu Saitoh, Mineto Ohta, Kengo Sasaki, Koji Miyazawa, Toshiaki Kashiwadate, Atsushi Fujio, Wataru Nakanishi, et al. Living donor liver transplantation for Budd-Chiari syndrome with right posterior segment graft and patch plasty using the superficial femoral vein: a case report. Surgical case reports. 2021. 7. 1. 136-136
  • Norikazu Une, Atsushi Fujio, Hiroaki Mitsugashira, Norifumi Kanai, Yoshikatsu Saitoh, Mineto Ohta, Kengo Sasaki, Koji Miyazawa, Toshiaki Kashiwadate, Wataru Nakanishi, et al. Laparoscopic liver cyst fenestration with real-time indocyanine green fluorescence-guided surgery: a case report. Journal of surgical case reports. 2021. 2021. 5. rjab196
  • Norikazu Une, Mayumi Takano-Kasuya, Narufumi Kitamura, Mineto Ohta, Tomoya Inose, Chihiro Kato, Ryuichi Nishimura, Hiroshi Tada, Shigehito Miyagi, Takanori Ishida, et al. The anti-angiogenic agent lenvatinib induces tumor vessel normalization and enhances radiosensitivity in hepatocellular tumors. Medical oncology (Northwood, London, England). 2021. 38. 6. 60-60
  • Yoshikatsu Saitoh, Akiko Inagaki, Ibrahim Fathi, Takehiro Imura, Hiroyasu Nishimaki, Hiroyuki Ogasawara, Muneyuki Matsumura, Shigehito Miyagi, Yohichi Yasunami, Michiaki Unno, et al. Improvement of hepatocyte engraftment by co-transplantation with pancreatic islets in hepatocyte transplantation. Journal of tissue engineering and regenerative medicine. 2021. 15. 4. 361-374
  • Mineto Ohta, Atsushi Fujio, Shigehito Miyagi, Kazuaki Tokodai, Wataru Nakanisihi, Michiaki Unno, Takashi Kamei. Surgical resection for liver metastasis and local recurrence of pheochromocytoma 16 years after primary surgery: A case report. International journal of surgery case reports. 2021. 81. 105712-105712
もっと見る
MISC (235件):
  • 戸子台 和哲, 沖田 ひとみ, 吉田 まなみ, 伊藤 貴子, 佐藤 将人, 田中 美也子, 齋藤 昌利, 星合 哲郎, 宮城 重人, 三木 敏生, et al. 先天性代謝異常症の根治を目的とした羊膜由来細胞による新規細胞移植療法確立の試み. 日本小児科学会雑誌. 2021. 125. 2. 201-201
  • 金井哲史, 稲垣明子, 中村保宏, 猪村武弘, FATHI Ibrahim, 三頭啓明, 斎藤竜助, 宮城重人, 亀井尚, 海野倫明, et al. 不織布構造ゼラチン基材の導入による経門脈移植を凌駕する革新的皮下膵島移植法の確立. 日本膵・膵島移植研究会プログラム・抄録集. 2021. 48th
  • 西牧宏泰, 宮城重人, 柏舘俊明, 戸子台和哲, 中西渉, 西村隆一, 藤尾淳, 海野倫明, 亀井尚, 松野直従. 酸素化灌流装置を用いた心停止腎移植の臨床研究国内一例目の報告. 日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集. 2021. 54th. 65-65
  • 西牧 宏泰, 中西 渉, 藤尾 淳, 宮城 重人, 海野 倫明, 亀井 尚. 単包性エキノコックス症による多発腹腔内包虫嚢胞の1例. 日本臨床外科学会雑誌. 2020. 81. 12. 2525-2530
  • 宮城 重人, 戸子台 和哲, 中西 渉, 西村 隆一, 藤尾 淳, 柿崎 裕太, 小笠原 弘之, 太田 嶺人, 亀井 尚, 海野 倫明. 生体肝移植における動脈門脈再建困難症例に対する戦略とpitfall. 日本消化器外科学会総会. 2020. 75回. RS14-2
もっと見る
書籍 (2件):
  • 消化器画像診断アトラス = Atlas of diagnostic imaging on digestive diseases
    中山書店 2017 ISBN:9784521745442
  • 最新 肝胆膵手術アトラス
    2007
講演・口頭発表等 (14件):
  • 肝不全肝移植研究会 2020年 年次報告
    (宮城・山形肝不全肝移植研究会 2020)
  • 脳死下臓器提供の実状と最近の肝移植 -仙台市立病院臓器提供例を踏まえて-
    (仙台市立病院講演会 2020)
  • 肝移植の進化と 最近の話題
    (宮城・山形肝不全肝移植研究会 2019)
  • 脳死下臓器提供の実状と 最近の肝移植
    (仙台市立病院職員研修会 2019)
  • 肝移植の技術進化と適応拡大 ー血行再建と術後血栓症管理を含めてー
    (宮城肝癌研究会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1999 - 2003 東北大学大学院
  • 1990 - 1996 東北大学
  • 1987 - 1990 静岡県立静岡高校
学位 (1件):
  • 博士 (東北大学)
委員歴 (5件):
  • 2017 - 現在 日本肝移植学会 評議員
  • 2015/11 - 現在 日本臓器保存生物医学会 評議員
  • 2013 - 現在 日本臓器移植NW メディカルコンサルタント
  • 2011/06 - 現在 日本肝胆膵外科学会 評議員
  • 2011 - 現在 日本膵・膵島移植研究会 実務者委員
受賞 (3件):
  • 2019/04 - 日本外科学会 プレナリー演題賞 進行肝門部胆管癌に対する動門脈合併切除の成績 及び血管内皮保護を目的とした超音波モニタリング術後管理法の有用性
  • 2009/06 - 第21回 日本肝胆膵外科学会 会長賞 肝移植時肝動脈再建における後壁2点支持吻合のドップラー超音波による評価
  • 2002/05 - 37th Congress of the European Society for Surgical Research SUS Prize 2002 (nominee) The effects of FR167653 on warm ischemia/reperfusion injury of the liver graft from NHBD
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る