研究者
J-GLOBAL ID:201801014476530155   更新日: 2019年01月25日

門田 佳人

カドタ ヨシト | Yoshito Kadota
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 環境・衛生系薬学
研究キーワード (6件): 脂肪肝 ,  寿命 ,  老化 ,  脂肪細胞 ,  肥満 ,  メタロチオネイン
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2012 - 2013 加齢関連疾患に係わるインスリンシグナル伝達に対するメタロチオネインの関与
  • 2012 - 2010 環境因子・ストレスが脂肪細胞の形態とアディポカイン分泌に及ぼす影響
  • 2010 - 2011 n vitro脂肪細胞肥大化評価モデルの構築と脂肪細胞肥大化機構の解明
論文 (20件):
  • Kadota Y, Toriuchi Y, Aki Y, Mizuno Y, Kawakami T, Nakaya T, Sato M, Suzuki S. Metallothioneins regulate the adipogenic differentiation of 3T3-L1 cells via the insulin signaling pathway. PloS one. 2017. 12. 4. e0176070
  • Kadota Y, Kawakami T, Takasaki S, Sato M, Suzuki S. Gene expression related to lipid and glucose metabolism in white adipose tissue. Obesity research & clinical practice. 2016. 10. 1. 85-93
  • Kadota Y, Aki Y, Toriuchi Y, Mizuno Y, Kawakami T, Sato M, Suzuki S. Deficiency of metallothionein-1 and -2 genes shortens the lifespan of the 129/Sv mouse strain. Experimental gerontology. 2015. 66. 21-24
  • Kawakami T, Yoshimi M, Kadota Y, Inoue M, Sato M, Suzuki S. Prolonged endoplasmic reticulum stress alters placental morphology and causes low birth weight. Toxicology and applied pharmacology. 2014. 275. 2. 134-144
  • Kawakami T, Nishiyama K, Kadota Y, Sato M, Inoue M, Suzuki S. Cadmium modulates adipocyte functions in metallothionein-null mice. Toxicology and applied pharmacology. 2013. 272. 3. 625-636
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1998 - 2002 徳島大学 薬学部 製薬化学科
  • 2002 - 2004 徳島大学大学院 薬学研究科 薬品化学専攻 博士前期課程
  • 2004 - 2007 徳島大学大学院 薬科学教育部 創薬科学専攻 博士後期課程
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (徳島大学大学院)
経歴 (1件):
  • 2007/04 - 現在 徳島文理大学薬学部 助教
受賞 (1件):
  • 一般社団法人日本毒性学会生体金属部会 メタルバイオサイエンス研究会2017 研究奨励賞
所属学会 (2件):
日本生化学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る