研究者
J-GLOBAL ID:201801014479067910   更新日: 2020年06月08日

橋口 一成

ハシグチ カズナリ | Hashiguchi Kazunari
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (4件): 常態系口腔科学 ,  分子生物学 ,  腫瘍生物学 ,  遺伝学
研究キーワード (4件): DNA修復 ,  DNA損傷応答 ,  酸化ストレス ,  ゲノム不安定性
論文 (3件):
  • Hashiguchi K, Hayashi M, Sekiguchi M, Umezu K. The roles of human MTH1, MTH2 and MTH3 proteins in maintaining genome stability under oxidative stress. Mutation research. 2018. 808. 10-19
  • 細木彩夏, 吉川幸宏, 橋口一成, ZHANG-AKIYAMA Qiu-Mei. ミトコンドリアにおける酸化ストレス防御と生じた損傷の修復. 放射線生物研究. 2012. 47. 3. 287-303
  • 真田悠生, 加藤悠一, 森脇隆仁, 橋口一成, 秋山(張)秋梅. 線虫C.elegansにおける酸化DNAの修復. 放射線生物研究. 2010. 45. 3. 286-302
書籍 (3件):
  • プロテオミクス辞典
    講談社 2013
  • 生き物たちのつづれ織り 下巻
    京都大学学術出版会 2012
  • Methods in Molecular Biology, Vol. 554, Mitochondrial DNA: Methods and Protocols, 2nd Edition
    2009
講演・口頭発表等 (65件):
  • 酸化ストレス抵抗性遺伝子OXR1は放射線照射後の細胞内ROS産生とG2/M arrestの制御に関与する
    (日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集 2018)
  • Oxidation Resistance 1(OXR1)は放射線照射による細胞機構異常を防御している
    (日本放射線影響学会大会抄録(Web) 2017)
  • ヒトOXR1の放射線応答と細胞周期制御
    (日本放射線影響学会大会抄録(Web) 2017)
  • ヒトMHT1,MTH2,MTH3の細胞内機能と遺伝的安定性
    (日本生化学会大会(Web) 2017)
  • ヒトiPS細胞における発がん抑制遺伝子の動態
    (日本生化学会大会(Web) 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
所属学会 (3件):
日本遺伝学会 ,  日本癌学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る