研究者
J-GLOBAL ID:201801014596215008   更新日: 2020年09月01日

武内 寛明

タケウチ ヒロアキ | Takeuchi Hiroaki
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
ホームページURL (1件): http://molv.org/takeuchi.html
研究分野 (1件): ウイルス学
研究キーワード (5件): host factor ,  宿主因子 ,  エイズ ,  感染症 ,  ウイルス
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2019 - 現在 高精細核酸解析技術と先駆的ウイルス動態解析技術との革新的融合によるHIV潜伏感染克服へ向けた新規治療標的創出研究
  • 2018 - 現在 HIV Cureを目指した新規作用機序を有する抗HIV薬開発研究
  • 2017 - 現在 HIV-1潜伏感染メカニズムの多面的解析
  • 2016 - 2019 HIV Gag蛋白質の機能と進化能の構造生物学研究に基づく次世代の創薬シーズ創成
  • 2017 - 2019 HIV-1潜伏感染メカニズムの多面的解析
全件表示
論文 (66件):
  • Sameh Lotfi, Hesham Nasser, Osamu Noyori, Masateru Hiyoshi, Hiroaki Takeuchi, Yoshio Koyanagi, Shinya Suzu. M-Sec facilitates intercellular transmission of HIV-1 through multiple mechanisms. Retrovirology. 2020. 17. 1
  • Vpu of a simian immunodeficiency virus isolated from greater spot-nosed monkey antagonizes human BST-2 via two AxxxxxxxW motifs. Journal of Virology. 2020. 94. 2. e01669-19
  • Iwase CS, Miyazato P, Katsuya H, Islam S, Yang TJS, Ito J, Matsuo M, Takeuchi H, Ishida T, Matsuda K, et al. HIV-1 DNA-capture-seq is a useful tool for the comprehensive characterization of HIV-1 provirus. Scientific Reports. 2019. 9. 1. 12326
  • Aziati ID, Yoshida T, Hamano A, Maeda K, Takeuchi H, Yamaoka S. PATZ1 is required for efficient HIV-1 infection. Biochemical and biophysical research communications. 2019. 514. 2. 538-544
  • Kenji Maeda, Debananda Das, Takuya Kobayakawa, Hirokazu Tamamura, Hiroaki Takeuchi. Discovery and Development of Anti-HIV Therapeutic Agents: Progress Towards Improved HIV Medication. Current topics in medicinal chemistry. 2019. 19. 18. 1621-1649
もっと見る
MISC (11件):
  • Maeda K, Das D, Kobayakawa T, Tamamura H, Takeuchi H. Discovery and Development of anti-HIV Therapeutic Agents: Progress Towards Improved HIV Medication. Current Topics in Medicinal Chemistry. 2019. 19. 1-29
  • 武内 寛明. 新規HIV-1感染制御宿主因子の同定およびその機能解明. 日本エイズ学会誌. 2018. 20. 2. 117-123
  • Ryuta Sakuma, Hiroaki Takeuchi. SIV replication in human cells. FRONTIERS IN MICROBIOLOGY. 2012. 3. 162-162
  • Natsuko Inagaki, Hiroaki Takeuchi, Saori Matsuoka, Tetsuro Matano. CRITICAL AMINO ACID RESIDUES FOR FUNCTIONAL INTERACTION BETWEEN N-TERMINAL AND C-TERMINAL DOMAINS IN SIV CAPSID PROTEINS. JOURNAL OF MEDICAL PRIMATOLOGY. 2011. 40. 4. 272-272
  • 高原悠侑, 武内寛明, 石井洋, 高橋尚史, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 俣野哲朗. ビルマ産アカゲザルSTV 感染により誘導されるCTL エピトープの探索. 第57 回日本ウイルス学会学術集会、2009 年10月25-27 日、東京. 2009
もっと見る
書籍 (1件):
  • Retroviral Host Cell Factors: APOBEC3G, TRIM5, and Cyclophilins.
    2011 ISBN:9789533076652
講演・口頭発表等 (27件):
  • Genome-wide RNAi screen identifies MAPK-RPK required for HIV-1 proviral silencing in non-T cell reservoir cell-line model.
    (The 9th international workshop on HIV persistence during therapy 2019)
  • Genome-wide RNAi screen identifies MAPK-RPK required for HIV-1 proviral silencing in non-T cell reservoir cell-line model.
    (The 9th international workshop on HIV persistence during therapy 2019)
  • Multiple approach to HIV cure: Towards a better understanding of the precise cellular regulation of HIV-1 infection.
    (日仏エイズ肝炎会議 2019)
  • Dynamics and Regulation of HIV-1 Uncoating and Nuclear Movements of HIV-1 Complexes: Our Recent Advances and Future Perspectives.
    (CAIDS/ACC/ARC Joint Symposium 2018)
  • HIV-1感染細胞内動態に関わる宿主タンパク質の同定および機能解析
    (第20回白馬シンポジウム 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1999 - 2003 東北大学 感染防御学講座 微生物学分野
学位 (2件):
  • 博士(医学) (東北大学)
  • Ph.D (Tohoku University)
経歴 (9件):
  • 2020/06/01 - 現在 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 ウイルス制御学 講師
  • 2020/05 - 現在 東京医科歯科大学 医学部附属病院 病院長補佐
  • 2017/08 - 現在 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 ウイルス制御学 講師
  • 2015/04/01 - 現在 国立感染症研究所・エイズ研究センター 客員研究員
  • 2018/04/01 - 2020/05/31 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体環境応答学講座 ウイルス制御学 講師
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2019/11 - 現在 日本ウイルス学会 第68回日本ウイルス学会学術集会 プログラム委員
  • 2019/11 - 現在 日本ウイルス学会 第68回日本ウイルス学会学術集会 プログラム委員
  • 2019/10 - 現在 日本エイズ学会 第34回日本エイズ学会学術集会 プログラム委員
  • 2019/10 - 現在 日本エイズ学会 第34回日本エイズ学会学術集会 プログラム委員
  • 2018/04 - 現在 日本エイズ学会 日本エイズ学会ウェブサイトWG担当委員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2017/11 - 日本エイズ学会 日本エイズ学会ECC山口メモリアルエイズ研究奨励賞(武内寛明) 新規HIV-1感染制御宿主因子の同定およびその機能解明
  • 2017/03 - 東京医科歯科大学 免疫学・病態生化学領域合同シンポジウム・最優秀発表賞(武内寛明) HIV-1感染を制御する宿主リン酸化酵素MELK
  • 2017/03 - 東京医科歯科大学 免疫学・病態生化学領域合同シンポジウム・優秀若手研究奨励賞(武内寛明) HIV-1感染を制御する宿主リン酸化酵素MELK
  • 2015/11 - 武田科学振興財団 武田科学振興財団医学系研究奨励(感染症)(武内寛明) 革新的な抗ウイルス戦略をめざした新規HIV感染制御因子群の機能解析
  • 2008 - 上原記念生命科学財団研究奨励(武内寛明)
全件表示
所属学会 (2件):
日本エイズ学会 ,  日本ウイルス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る