研究者
J-GLOBAL ID:201801014626910989   更新日: 2019年12月20日

鈴木 岳人

Suzuki Takehito
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 固体地球科学 ,  数理物理、物性基礎
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 現在 微視的・巨視的両視点から統一的に理解する摩擦現象
  • 2018 - 現在 自己相似性を持つ接触面上の巨視的滑り端伝播
  • 2017 - 2018 熱・流体・空隙生成相互作用が生じる相転移による地震活動の統一的理解
  • 2016 - 2018 滑りの相転移の観点による地震の多様性の統一的理解
  • 2015 - 2015 Analytical Understanding of Slip Velocity in the Steady State of Dynamic Earthquake Slip in the System with Fluid Flow
全件表示
論文 (15件):
  • SUZUKI, TakehitoMATSUKAWA, Hiroshi. Transition between Macroscopic Steady Slippage and Creep Motion in a System with Velocity-Dependent Friction Stress. Journal of the Physical Society of Japan. 2019. 88. 114402
  • Yoshiyuki Tanaka, Takehito Suzuki, Yuichi Imanishi, Shuhei Okubo, Xinlin Zhang, Miwako Ando, Atsushi Watanabe, Mamoru Saka, Chiaki Kato, Shuichi Oomori, et al. Temporal gravity anomalies observed in the Tokai area and a possible relationship with slow slips. Earth, Planets and Space. 2018. 70
  • Takehito Suzuki. Emergence and seismological implications of phase transition and universality in a system with interaction between thermal pressurization and dilatancy. Physical Review E. 2017. 96. 023005, doi:10.1103/PhysRevE.9
  • 鈴木岳人. 熱・流体・空隙生成相互作用系に現れる動的地震滑り過程の多様性. 表面科学. 2015. 36. 230-235
  • Earthquake model experiments in a viscoelastic fluid: A scaling of decreasing magnitudes of earthquakes with depth. 2014. 119. doi:10.1002/2014JB011135
もっと見る
講演・口頭発表等 (109件):
  • Minimum values of slip front propagation velocity and end-loading stress with friction law nonlinearly depending on slip velocity
    (SLOWEQ2019 2019)
  • 多孔質媒質中での渦粘性の時間発展の理解とその地震学的意義
    (日本地震学会2019年度秋季大会 2019)
  • 多孔質媒質中の乱流における渦粘性の時間発展
    (日本物理学会2019年秋季大会 2019)
  • 多孔質媒質中の乱流に対するkとεの解軌道及びそれらの初期状態依存性
    (日本応用数理学会2019年度年会 2019)
  • Minimum Slip Front Propagation Velocity with Friction Law Nonlinearly Depending on the Slip Velocity
    (27th IUGG General Assembly 2019 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2007 東京大学大学院 地球惑星科学専攻
  • 2002 - 2004 東京大学大学院 地球惑星科学専攻
  • 1998 - 2002 東京大学 地球惑星物理学科
学位 (3件):
  • 学士(理学) (東京大学)
  • 修士(理学) (東京大学)
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2014/04/01 - 現在 青山学院大学 理工学部 物理・数理学科 助教
  • 2010/04 - 2014/03 東京大学 大学院理学系研究科地球惑星科学専攻 特任助教
  • 2008/12 - 2010/03 東京大学 地震研究所 特任研究員
  • 2008/04 - 2008/11 東京大学 地震研究所 特任研究員
  • 2007/04 - 2008/03 東京大学 地震研究所 研究機関研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2017/09/25 - 2018/03/31 日本地震学会代議員選挙管理委員 委員
  • 2009/10 - 2009/10 文部科学省委託研究「東海・東南海・南海地震の連動性評価研究」運営委員会・研究推進委委員会合同研究委員会への(代理の)出席・議論 委員(代理)
受賞 (3件):
  • 2015/09 - International Tribology Conference International Tribology Conference, Tokyo 2015, Poster Award for Young Tribologists Numerical Study of Avalanche Size Distribution of Sheared Granular Particles
  • 2015/04 - 平成27年度 科学技術分野の文部科学省大臣表彰 若手科学者賞 動的地震破壊過程の包括的理解のための数理物理的研究
  • 2013/03 - 社団法人日本地震学会 日本地震学会若手学術奨励賞(平成24年度) 数理物理的視野に立った動的地震破壊過程の包括的理解
所属学会 (5件):
日本応用数理学会 ,  日本物理学会 ,  日本地球惑星科学連合 ,  American Geophysical Union ,  日本地震学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る