研究者
J-GLOBAL ID:201801014771911098   更新日: 2021年05月15日

小久保 孝雄

コクボ タカオ | Kokubo Takao
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 民事法学
論文 (30件):
  • 小久保孝雄. 判例批評「『原本に代えて』写しが提出された場合において、相手方の異議のない旨の陳述の要否(不要)」. 私法判例リマークス. 2021. 62. 118-121
  • 小久保 孝雄. 判例批評「民訴法324条に基づく移送決定についての取消しの許否」. 民商法雑誌. 2020. 155. 6. 44-61
  • 小久保 孝雄. 「一実務家から見た最近の民事調停事件の実務的な課題-民事調停のさらなる活用を目指して」. 木内道祥先生 古稀・最高裁判事退官記念論文集「家族と倒産の未来を拓く」. 2018. 281-298
  • 小久保 孝雄. 「破産手続の機関及び債権者その他の利害関係人の手続関与」. 破産法大系第I巻 破産手続法. 2014. 243-268
  • 小久保 孝雄. 「大阪地裁における倒産事件の概況(下)-再建型法的倒産手続を中心として-」. 商事法務. 2011. 1945. 39-48
もっと見る
書籍 (5件):
  • 新基本法コンメンタール 民事再生法
    日本評論社 2015
  • リーガル・プログレッシブ・シリーズ14 建築訴訟
    青林書院 2015
  • 新基本法コンメンタール 破産法
    日本評論社 2014
  • 専門訴訟講座2 建築訴訟[第2版]
    民事法研究会 2013
  • 民事訴訟における事実認定
    法曹会 2007
講演・口頭発表等 (13件):
  • 裁判官から見た民事裁判における弁護士倫理上の諸問題
    (大阪弁護士会研修会 2020)
  • 座談会「土地家屋調査士による司法へのアプローチについて」
    (日本土地家屋調査士連合会 2020)
  • 「若い裁判官に伝えておきたい若干のことがら」
    (大阪地地方裁判所民事法研究会 2019)
  • 「民事裁判手続における弁護士の役割-若手弁護士へのエールー」
    (大阪弁護士会研修会 2019)
  • 「土地家屋調査士が民事紛争に関わる際の心構えーADRの調停員に求められるものー」
    (「境界問題相談センターおおさか」研修会 2018)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る