研究者
J-GLOBAL ID:201801014793823516   更新日: 2019年11月02日

加藤 詩乃

KATO, Shino
所属機関・部署:
職名: 助手
研究分野 (1件): 美術史
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2015 - 2017 6~8世紀の日本書道史における書風基準の構築-中韓の文字史料との比較を通して
論文 (2件):
  • 加藤詩乃. 「空海の雑体書-空海風の書の成立とその継承-」. 『美術史』. 2018. 184. 221-235
  • 加藤詩乃. 「『聾瞽指帰』の再検討-日本書道史上の国風化について-」. 『書学書道史研究』. 2014. 24. 15-28
MISC (9件):
  • 「東寺所蔵『真言七祖像』の再検討 -その名号及び行状文の執筆者をめぐる問題について-」. 『紀要』. 2018. 59. 55-76
  • 加藤詩乃. 「空海の草書体-平安時代初期における草書体の受容について-」. 『パラゴーネ』. 2018. 5. 46-53
  • 加藤詩乃. 「『南山新城碑』の書風について」. 『パラゴーネ』. 2017. 4. 1-15
  • 津田 徹英・加藤 詩乃・石井 千紘・上村 顕太郎・蔀 政人. 「東寺観智院金剛蔵本(建武二年写)『諸説不同記』巻第八(上))解題・翻刻・校註・影印」. 『パラゴーネ』. 2017. 4. 1-34
  • 津田徹英・大澤信・加藤詩乃・石井千紘. 「東寺観智院金剛蔵本(建武二年写)『諸説不同記』巻第七(上)翻刻・校註・影印」. 『パラゴーネ』. 2015. 2. 9-32
もっと見る
書籍 (1件):
  • 「嵯峨天皇と書-空海の書道観と嵯峨天皇の書表現について-」
    竹林社 2016
講演・口頭発表等 (2件):
  • 「空海筆『聾瞽指帰』の再検討-奈良~平安時代初期における日本書道の国風化について-」
    (2013)
  • 東寺所蔵『真言七祖像』の再検討-その名号及び行状文の執筆者を巡る問題について-」
    (第69回美術史学会全国大会 2016)
学歴 (3件):
  • 2006 - 2010 青山学院大学 文学部 史学科
  • 2010 - 2012 青山学院大学大学院 文学研究科 史学専攻
  • 2013 - 2017 青山学院大学大学院 文学研究科 比較芸術学専攻
学位 (2件):
  • 学士(歴史学) (青山学院大学)
  • 修士(歴史学) (青山学院大学)
経歴 (1件):
  • 2017/04/01 - 現在 青山学院大学 文学部 比較芸術学科 助手
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る