研究者
J-GLOBAL ID:201801014841671502   更新日: 2020年09月01日

本田 諒

ホンダ リョウ | Honda Ryo
所属機関・部署:
職名: テニュア助教
研究分野 (3件): 医化学 ,  構造生物化学 ,  腫瘍診断、治療学
研究キーワード (3件): ras ,  がん ,  タンパク質科学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 変異型Rasに高親和性かつ特異的に結合するタンパク質を用いた新規抗がん剤の開発
  • 2020 - 2021 タンパク質性Ras阻害剤(PRI-73)の構造最適化と癌治療への応用
  • 2020 - 2021 Rasを標的とした細胞膜透過性タンパク質の開発
  • 2019 - 2020 遺伝子組換えタンパク質を用いた新規Ras阻害剤の開発
  • 2019 - 2019 RAS変異がんを「RAS-bindingドメイン」の細胞内導入により制御する手法の開発
全件表示
論文 (18件):
  • Satoshi Yamashita, Ryo Honda, Mayuko Fukuoka, Tsutomu Kimura, Junji Hosokawa-Muto, Kazuo Kuwata. Discovery of a multipotent chaperone, 1-(2,6-Difluorobenzylamino)-3-(1,2,3,4-tetrahydrocarbazol-9-yl)-propan-2-ol with the inhibitory effects on the proliferation of prion, cancer as well as influenza virus. Prion. 2020. 14. 1. 42-46
  • Shintaro Kimura, Yuji O Kamatari, Yukina Kuwahara, Hideaki Hara, Osamu Yamato, Sadatoshi Maeda, Hiroaki Kamishina, Ryo Honda. Canine SOD1 harboring E40K or T18S mutations promotes protein aggregation without reducing the global structural stability. PeerJ. 2020. 8. e9512
  • Shirasaka M, Kuwata K, Honda R. α-Synuclein chaperone suppresses nucleation and amyloidogenesis of prion protein. Biochemical and biophysical research communications. 2019
  • Takuya Tsujino, Nobuhiko Sugito, Kohei Taniguchi, Ryo Honda, Kazumasa Komura, Yuki Yoshikawa, Tomoaki Takai, Koichiro Minami, Yuki Kuranaga, Haruka Shinohara, et al. MicroRNA-143/Musashi-2/KRAS cascade contributes positively to carcinogenesis in human bladder cancer. Cancer science. 2019. 110. 7. 2189-2199
  • Sugawara R, Ueda H, Honda R. Structural and functional characterization of fast-cycling RhoF GTPase. Biochemical and biophysical research communications. 2019
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (岐阜大学)
経歴 (4件):
  • 2017/12 - 現在 岐阜大学 大学院連合創薬医療情報研究科 助教
  • 2015/04 - 2018/03 岐阜大学 大学院医学系研究科 博士課程
  • 2016/04 - 2017/11 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
  • 2008/04 - 2015/03 岐阜大学 医学部医学科
受賞 (4件):
  • 2018/06 - 日本生化学会 第82回中部支部奨励賞
  • 2018/03 - 岐阜大学 平成29年度学業成績優秀者表彰
  • 2015/09 - アジア太平洋プリオン研究会 トラベルアワード
  • 2015/09 - アジア太平洋プリオン研究会 ポスター賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る