研究者
J-GLOBAL ID:201801014841949519   更新日: 2022年07月01日

杉山 博紀

Sugiyama Hironori
所属機関・部署:
職名: 日本学術振興会特別研究員(PD)
研究分野 (2件): 細胞生物学 ,  生物物理学
研究キーワード (5件): 細胞周期 ,  ライブイメージング ,  マイクロ流体デバイス ,  自己複製 ,  ジャイアントベシクル
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2022 - 2025 膜局在プローブの汎用的開発手法の実現による胚発生下の内在性Wnt動態の可視化
  • 2021 - 2024 ライブイメージング並列化が拓く細胞質の混み合いと細胞機能を繋ぐ機構の総覧と解明
  • 2021 - 2022 外部形態制御された分裂酵母スフェロプラストを用いた分裂位置決定機構の解明
  • 2018 - 2021 進化可能な化学モデル創出を志向した定常的自己複製ベシクル
  • 2019 - 2020 人工細胞創出に向けたジャイアントベシクル動態の定量的経路探索
論文 (7件):
  • Hironori Sugiyama, Toshihisa Osaki, Shoji Takeuchi, Taro Toyota. Role of Negatively Charged Lipids Achieving Rapid Accumulation of Water-Soluble Molecules and Macromolecules into Cell-Sized Liposomes against a Concentration Gradient. Langmuir. 2021
  • Hironori Sugiyama, Toshihisa Osaki, Shoji Takeuchi, Taro Toyota. Perfusion Chamber for Observing a Liposome-Based Cell Model Prepared by a Water-in-Oil Emulsion Transfer Method. ACS Omega. 2020
  • Taro Toyota, Hironori Sugiyama, Soichiro Hiroi, Hiroaki Ito, Hiroyuki Kitahata. Chemically Artificial Rovers Based on Self-Propelled Droplets in Micrometer-scale Environment. Current Opinion in Colloid & Interface Science. 2020
  • 杉山博紀, 大崎寿久, 竹内昌治, 豊田太郎. Hydrodynamic accumulation of small molecules and ions into cell-sized liposomes against a concentration gradient. Communications Chemistry. 2020. 3. 32
  • 豊田太郎, 杉山博紀. 細胞の化学モデルを創る8つの実験:ジャイアントベシクルを使い倒す. 膜. 2019. 44. 2. 63-68
もっと見る
MISC (5件):
  • 杉山博紀. 流れ環境下で生じる非対称脂質膜が引き起こす細胞サイズのリポソームへの分子濃縮. 生物物理. 2022. 62. 3. 187-189
  • Taro Toyota, Atsufumi Ohtani, Hironori Sugiyama. Molecular Transformation for Self-reproducing Vesicles and Underlying Analysis Methods. Chemical and Pharmaceutical Bulletin. 2021. 69. 10. 947-952
  • 杉山博紀. タンパク質なしにリポソーム内部に特定の物質が濃縮される現象の発見. Bio-Station; https://jugem.hatenadiary.jp/entry/Hydrodynamic_accumulation_200405. 2020
  • 杉山博紀. [Behind the paper] Hydrodynamic accumulation of small molecules and ions into cell-sized liposomes against a concentration gradient. Nature Chemistry Research Community Behind the Paper. 2020
  • 杉山博紀, 大崎寿久, 竹内昌治, 豊田太郎. 人工細胞一つずつの培養・操作を自動化する基礎技術開発に成功. 展望とトピックス. 2019
講演・口頭発表等 (17件):
  • CDK活性のライブイメージングによる,分裂酵母Schizosaccharomyces Pombeの動的な細胞周期制御の特徴づけ
    (第74回日本細胞生物学会大会 2022)
  • 膜タンパク質なしにリポソーム内部に分子が濃縮される: リン脂質二分子膜が生命起源に果たしうる役割
    (生命の起源および進化学会 2022)
  • Development of cell-sized liposome array device
    (2021)
  • 流れ環境下で生じる非対称脂質膜が引き起こす細胞サイズのリポソームへの分子濃縮
    (第59回 日本生物物理学会年会 2021)
  • 細胞サイズのリポソーム内部への非生物的過程での分子濃縮
    (Young Soft Webinar 2021)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2018 - 2021 東京大学 広域科学専攻相関基礎科学系
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京大学)
経歴 (2件):
  • 2021/04 - 現在 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2018/04 - 2021/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(DC1)
受賞 (7件):
  • 2021/11 - 日本生物物理学会 日本生物物理学会若手奨励賞 流れ環境下で生じる非対称脂質膜が引き起こす細胞サイズのリポソームへの分子濃縮
  • 2021/03 - 東京大学 一高記念賞 リポソームMANSIONs:定常流れ場における細胞サイズのリポソームの動態の定量・統計解析(博士学位論文)
  • 2020/09 - 一般社団法人 日本生物物理学会 日本生物物理学会学生発表賞 自動顕微鏡計測により見出された,定常流れ場における細胞サイズのリポソームへの分子濃縮
  • 2019/11 - ANRI ANRI基礎科学スカラーシップ
  • 2017/07 - 平成29年度分析化学関東支部若手交流会 ポスター賞
全件表示
所属学会 (7件):
日本分子生物学会 ,  細胞生物学会 ,  酵母遺伝学フォーラム ,  日本生物物理学会 ,  米国化学会 ,  日本分析化学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る