研究者
J-GLOBAL ID:201801015067355640   更新日: 2020年09月01日

柄 博紀

TSUKA HIROKI
所属機関・部署:
論文 (6件):
  • Koji Morita, Hiroki Tsuka, Kan Kato, Takahiro Mori, Rumi Nishimura, Mitsuyoshi Yoshida, Kazuhiro Tsuga. Factors related to masticatory performance in healthy elderly individuals. Journal of Prosthodontic Research. 2018. 62. 4. 432-435
  • Tsuka H, Morita K, Kato K, Kimura H, Abekura H, Hirata I, Kato K, Tsuga K. Effect of laser groove treatment on shear bond strength of resin-based luting agent to polyetheretherketone (PEEK). J Prosthodont Res
  • G. Hong, H. Tsuka, MS. Dilinuer, WQ. Wang, K. Sasaki. The initial viscosity and adhesive strength of cream-type denture adhesives and oral moisturs. Asian Pac J Dent11
  • G. Hong, H. Tsuka, T. Maeda, Y. Akagawa, K. Sasaki. The dynamic viscoelasticity and water absorption characteristics of soft acrylic resin materials containing adipates and polymerisable plasticizer. Dental Materials. 39. 12. 923-930
  • Y. Abe, K. Nogami, W. Mizumachi, H. Tsuka, K. Hiasa. Occlusal-supporting ability of individual maxillary and manbidular teeth. J Oral Rehabil. 39. 12. 923-930
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • レーザー処理を施したポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の接着性レジンセメントに対する接着耐久性の検討
    (第 70 回日本歯科理工学会学術講演会 2017)
  • レーザー処理を施したポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の接着性レジンセメントに対する接着強さの検討
    (平成29年度春期第69回日本歯科理工学会 2017)
  • ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)の接着性レジンセメントに対する接着強さ
    (平成28年度日本補綴歯科学会九州支部、中国・四国支部合同学術大会 2016)
  • ポリマー化した可塑剤マレイン酸ジエチルヘキシルを用いた耐久性の高いティッシュコンディショナーの開発
    (日本補綴歯科学会 2011)
  • 各種表面処理がポリエーテルエーテルケトン(PEEK)と接着性レジンセメントの接着強さに及ぼす影響
    (日本歯科理工学会)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 広島大学
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (広島大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る