研究者
J-GLOBAL ID:201801015086049762   更新日: 2020年09月01日

杉之内 将大

Suginouchi Shota
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 制御、システム工学 ,  制御、システム工学
研究キーワード (4件): Combinatorial Optimization ,  Metaheuristics ,  Manufacturing System ,  生産システム,メタヒューリスティクス,組合せ最適化
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2022 計画への顧客ニーズの反映を目指した顧客間交渉による日程計画立案手法に関する研究
論文 (4件):
書籍 (1件):
  • Co-Creative Manufacturing methodology with IoT-Based Smart Factory for Mass Customization
    Springer 2017
講演・口頭発表等 (33件):
  • Scheduling Auction: A New Manufacturing Business Model for Balancing Customization and Quick Delivery
    (APMS 2019 2019)
  • 部品発注計画問題のエージェント間交渉による多目的最適化手法に関する研究
    (日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2019 2019)
  • 複数のLIFO型バッファをもつ単一機械生産システムにおけるクレーンスケジューリング
    (日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2019 2019)
  • シミュレーションを用いた牛乳サプライチェーンの商習慣の検証
    (日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2019 2019)
  • ビジュアルに対する感性を考慮した消費者セグメンテーションのためのヒューマンコンピューテーションゲームの提案
    (日本経営工学会2019年春季大会 2019)
もっと見る
学位 (3件):
  • 学士(工学) (神戸大学)
  • 修士(システム情報学) (神戸大学)
  • 博士(工学) (神戸大学)
経歴 (2件):
  • 2018/09/01 - 現在 青山学院大学 理工学部 経営システム工学科 助教
  • 2018/04 - 2018/08 神戸大学 学術研究員
委員歴 (1件):
  • 日本経営工学会「集合知メカニズムとその社会実装」プロジェクト 幹事
受賞 (4件):
  • 2018/03 - 日本機械学会 優秀講演論文表彰 複数期間を対象としたフェロモン統計量を用いた部品選定及び日程計画立案手法の一提案
  • 2017/09 - 電気学会 優秀論文発表賞 顧客間の交渉・協調による部品選定及び日程計画の同時最適化に関する研究
  • 2017/05 - CIRP CMS 2017 Outstanding Paper Award Value co-creative manufacturing system for mass customization:Comcept of smart factory and operations method using autonomous negotiation mechanism
  • 2016/11 - 神戸市 World Data Viz Challenge 2016 奨励賞 Confortable returning home
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る