研究者
J-GLOBAL ID:201801015238275526   更新日: 2021年05月28日

有岡 祐子

Arioka Yuko
所属機関・部署:
職名: 特任講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 精神医学分野
研究分野 (3件): 病態医化学 ,  細胞生物学 ,  精神神経科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2022 染色体22q11.2欠失がもたらす脳内ストレス脆弱性機構の解明
  • 2019 - 2020 Interstellar Initiative 2019
  • 2016 - 2020 22q11.2欠失細胞から捉える統合失調症の病態解明
  • 2014 - 2017 iPS細胞樹立過程には組織ごとの特異的ルートがあるのか
  • 2013 - 2014 iPS細胞樹立過程には組織ごとの特異的な指向性があるのか
論文 (40件):
  • Yuko Arioka, Emiko Shishido, Itaru Kushima, Toshiaki Suzuki, Ryo Saito, Atsu Aiba, Daisuke Mori, Norio Ozaki. Chromosome 22q11.2 deletion causes PERK-dependent vulnerability in dopaminergic neurons. EBioMedicine. 2021. 63. 103138-103138
  • Hidekazu Kato, Itaru Kushima, Daisuke Mori, Akira Yoshimi, Branko Aleksic, Yoshihiro Nawa, Miho Toyama, Sho Furuta, Yanjie Yu, Kanako Ishizuka, et al. Rare genetic variants in the gene encoding histone lysine demethylase 4C (KDM4C) and their contributions to susceptibility to schizophrenia and autism spectrum disorder. Translational psychiatry. 2020. 10. 1. 421-421
  • Yukihiro Noda, Mizuki Uchida, Akihiro Mouri, Shokuro Yamada, Sakika Goto, Shinji Kitagaki, Takayoshi Mamiya, Itaru Kushima, Yuko Arioka, Norio Ozaki, et al. Involvement of nicotinic acetylcholine receptors in behavioral abnormalities and psychological dependence in schizophrenia-like model mice. European neuropsychopharmacology : the journal of the European College of Neuropsychopharmacology. 2020. 41. 92-105
  • Yoshihiro Nawa, Hiroki Kimura, Daisuke Mori, Hidekazu Kato, Miho Toyama, Sho Furuta, Yanjie Yu, Kanako Ishizuka, Itaru Kushima, Branko Aleksic, et al. Rare single-nucleotide DAB1 variants and their contribution to Schizophrenia and autism spectrum disorder susceptibility. Human genome variation. 2020. 7. 1. 37-37
  • Hidenori Yamasue, Takashi Okada, Toshio Munesue, Miho Kuroda, Toru Fujioka, Yota Uno, Kaori Matsumoto, Hitoshi Kuwabara, Daisuke Mori, Yuko Okamoto, et al. Effect of intranasal oxytocin on the core social symptoms of autism spectrum disorder: a randomized clinical trial. Molecular psychiatry. 2020. 25. 8. 1849-1858
もっと見る
MISC (2件):
特許 (4件):
  • 抗精神病薬及びその用途
  • 細胞内カルシウム動態評価系
  • 薬剤評価方法
  • ドパミン神経細胞の調製方法
書籍 (2件):
  • ゲノム解析を基盤とした自閉スペクトラム症・統合失調症のiPS細胞研究
    日本生物学的精神医学会誌 2018
  • 自閉スペクトラム症のゲノム研究と今後の展望
    臨床精神医学 44(10):1341-1348 2015
講演・口頭発表等 (9件):
  • 患者iPS細胞で明らかにする神経精神疾患の細胞・分子病理
    (第63回日本神経化学会大会 2020)
  • 染色体22q11.2欠失症候群患者ドパミン神経細胞ではキナーゼタンパク質PERK依存的脆弱性が生じる
    (第50回日本神経精神薬理学会・第42回日本生物学的精神医学会・ 第4回日本精神薬学会総会・学術集会(NPBPPP 2020 合同年会))
  • 染色体22q11.2欠失症候群患者iPS細胞を用いた精神疾患の病態解明研究
    (第50回日本神経精神薬理学会・第42回日本生物学的精神医学会・ 第4回日本精神薬学会総会・学術集会(NPBPPP 2020 合同年会) 2020)
  • Single-cell trajectory analysis of human iPS cell-derived neurons carrying a rare RELN deletion.
    (第57回日本生物物理学会 2019)
  • 染色体22q11.2欠失患者iPS細胞由来の神経細胞はストレス応答機構に依存した脆弱性を有する
    (第41回JSBP 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(人間健康科学) (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2020/06 - 現在 名古屋大学医学部附属病院/医学系研究科 特任講師
  • 2020/04 - 現在 藤田医科大学 客員講師
  • 2014/07 - 2020/05 名古屋大学医学部附属病院/医学系研究科 特任助教
  • 2013/04 - 2014/06 岐阜大学大学院 医学系研究科 助教
受賞 (2件):
  • 2020/10 - 全米医学アカデミー Healthy Longevity Global Grand Challenge Catalyst Award
  • 2020/08 - 日本生物学的精神医学会 第9期(2020年度)若手研究者育成プログラム奨励賞 染色体22q11.2欠失症候群患者iPS細胞を用いた精神疾患の病態解明研究
所属学会 (4件):
日本分子生物学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本生物学的精神医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る