研究者
J-GLOBAL ID:201801015257777982   更新日: 2021年02月19日

福冨 理佳

フクトミ リカ | Fukutomi Rika
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 臨床看護学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2023 タンザニア版Early Essential Newborn Careの実用化検証
  • 2018 - 2021 発達的移行を基盤とした小児慢性特定疾病患者への自立支援型移行ケア開発と評価
  • 2019 - 2020 在宅で医療的ケア児を養育する家族の抱える課題の抽出-看護学・医療社会学・法政策学の視点から
  • 2018 - 2020 タンザニアの看護職に対する早期必須新生児ケア普及に向けた教育活動促進のための調査
論文 (4件):
MISC (3件):
  • 福冨 理佳. 早産児に対するカンガルーケアの長期的な発達への効果の検証 系統的レビュープロトコル. 日本新生児看護学会講演集. 2019. 29回. 190-190
  • 小林 京子, 亀井 智子, 浅野 みどり, 法橋 尚宏, 福冨 理佳, 西垣 佳織, 賀数 勝太, 富岡 斉実. 地域で生活する子育て世代と孫のいる高齢世代の生活時間の実態. 日本看護科学学会学術集会講演集. 2019. 39回. [PA-15]
  • 新福 洋子, 福冨 理佳, 五十嵐 由美子, 山本 詩子, 片岡 弥恵子, 堀内 成子. Early Essential Newborn Careのタンザニアへの展開. 日本助産学会誌. 2018. 31. 3. 357-357
講演・口頭発表等 (4件):
  • Midwives’ Perception of Early Skin-to-skin Contact after Repeat Caesarean Section in Tanzania
    (The 40th Annual Conference of japan Academy of Nursing Science 2020)
  • The Gap Between Initial Scheduled Plans and Actual Action of Early Essential Newborn Care Training in Tanzania: Voice of Midwives
    (ICM Africa Regional Confernece 2019)
  • The Twelve Weeks Process After Introducing Early Essential Newborn Care (EENC) and Practical Behavior Changes of Midwives in Tanzania
    (The 6th quadrennial general meeting and the 13th scientific conference of the East, Central and Southern Africa College of Nursing (ECSACON) 2018)
  • Approach of the introduction of Early Essential Newborn Care in operating theater in Tanzania
    (The 6th International Nursing Research Conference of World Academy of Nursing Science)
学歴 (2件):
  • 聖路加国際大学 看護学研究科博士前期課程
  • 横浜市立大学 看護学科
学位 (1件):
  • 修士(看護学) (聖路加国際大学)
所属学会 (6件):
日本看護学教育学会 ,  聖路加看護学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本助産学会 ,  日本小児看護学会 ,  日本新生児看護学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る