研究者
J-GLOBAL ID:201801015290923544   更新日: 2021年03月18日

須藤 恭子

Sudo Kyoko
研究分野 (2件): 高齢者看護学、地域看護学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2022 Relationships among intention to leave, nurse migration, and career development in ASEAN nurses
  • 2019 - 2021 タイ高齢者保健政策におけるCommunity Nurseの役割と活動効果
  • 2013 - 2016 在日外国人の母親の子どもに対する健康観に関する研究
論文 (7件):
  • 堀越 裕歩, 德本 惇奈, 高松 優光, 沖津 麻依, 須藤 恭子. アフリカにおけるポリオウイルス流行の終息と根絶に向けて. 日本小児科学会雑誌 = The journal of the Japan Pediatric Society. 2020. 124. 9. 1361-1373
  • Sudo Kyoko, Kazuko Naruse, Boonyanurak Puangrat. Does the mutual recognition agreement on nursing services accelerate nurse migration in member countries of the Association of Southeast Asian Nations?. Nursing open. 2020. 7. 4. 1187-1196
  • Kyoko Sudo, Yoko Hamamoto. Health behaviors of foreign mothers in Japan regarding their young children and the factors that affect these behaviors: A qualitative study. Japan journal of nursing science : JJNS. 2019. 16. 4. 420-432
  • Kyoko Sudo, Jun Kobayashi, Shinichiro Noda, Yoshiharu Fukuda, Kenzo Takahashi. Japan's healthcare policy for the elderly through the concepts of self-help (Ji-jo), mutual aid (Go-jo), social solidarity care (Kyo-jo), and governmental care (Ko-jo). Bioscience trends. 2018. 12. 1. 7-11
  • 須藤 恭子, 樋口 まち子. 国際看護における実習の意義および教育効果の検討. 国際保健医療. 2016. 31. 4. 333-345
もっと見る
MISC (4件):
  • 須藤 恭子, 前田 秀雄, 帝京大学北区保健所支援チーム. 外国人住民と新型コロナウイルス感染症:東京都北区の対応. 国際保健医療. 2020. 35. 2. 87-88
  • 橋本 麻由美, 須藤 恭子, 上村 一郎, 松藤 三紀, 佐藤 千春, 前田 愛子, 成瀬 和子. 第32回日本国際保健医療学会自由集会「東南アジアにおける看護の質の担保を目指した取り組みと相互協力支援について考える」実施報告. 国際保健医療. 2019. 34. 4. 229-239
  • 綿貫 成明, 清水 真由美, 飯野 京子, 宮首 由美子, 須藤 恭子, 能見 清子, 池田 菜奈. バングラデシュ人民共和国 グラミンカレドニア看護大学教員招聘研修 : 平成23年度国立看護大学校広報・国際交流委員会活動報告. 国立看護大学校研究紀要. 2013. 12. 1. 34-41
  • 須藤 恭子, 樋口 まち子. 看護基礎教育における国際看護学実習の意義 : 学生の意識調査から. 看護教育. 2012. 53. 9. 786-791
学位 (2件):
  • DrPH (帝京大学公衆衛生学研究科)
  • MNS (国立看護大学校)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る