研究者
J-GLOBAL ID:201801015360377496   更新日: 2019年12月18日

岡崎 瑠美

Rumi Okazaki
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 都市計画・建築計画 ,  建築史・意匠
研究キーワード (4件): 災害支援 ,  非正規市街地 ,  アフリカ ,  建築史
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2024 アフリカ型都市建築保存手法の開発 都市における互助的ネットワークを使った試み
  • 2017 - 2020 ガーナ・アクラにおける「地域文脈」の解読と「非正規市街地」の改善方策の提案
  • 2015 - 2018 北海道沿岸部における先住民/移民の漁場を下敷きとする歴史基盤の構築に関する研究 研究課題
論文 (15件):
  • Nobuhiro Shimizu, Alula Tesfay, Rumi Okazaki, Ephrem Telele, Riichi Miyake. How Has a Local Settlement Urbanized in Mekelle, Ethiopia? Case of Ïnda Mesqel’s Development as One of the Aspects of Urbanization Process. Annales d'Éthiopie. 2019. 32. 211-240
  • 清水 信宏, エフレム テレレ, 岡崎 瑠美, 三宅 理一. 伝統的な集落形成作法の応用としてのエチオピア・メケレにおける「都市」の形成. 日本建築学会計画系論文集. 2018. 750. 1579-1589
  • Teshale Atsebaha, Solomon Tesfamariam, Equbay Tesfay, Rumi Okazaki, Riichi Miyake. Formation and Development of the Outskirt of Mekelle, Aynalem. Proceedings of the 18th International Conference of Ethiopian Studies. 2018
  • 岡崎 瑠美. エチオピアの歴史都市における中心市街地の形成とヘリテージリスクに関する研究. 慶應義塾大学. 2015
  • Rumi Okazaki. Emergency Community Design for the Purpose of Relief and Reconstruction After the Calamity. Model Transfer Social Ecology in Asian Territory. 2015. 48-59
もっと見る
MISC (1件):
  • 岡崎 瑠美. Architecture for Emergencies. Domus. 2015
書籍 (3件):
  • 厚田ー引き算から考える北海道の過去と未来
    フリックスタジオ 2013
  • 境界線から考える都市と建築,
    鹿島出版会 2017
  • 城郭と都市の防御: ICOFORT国際会議 in 彦根論文集
    一般社団法人日本建築文化保存協会 2019
経歴 (1件):
  • 2018/04 - 現在 芝浦工業大学 特任講師
所属学会 (4件):
日仏工業技術会 ,  日本イコモス国内委員会 ,  日本ナイル・エチオピア学会 ,  日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る