研究者
J-GLOBAL ID:201801015438192803   更新日: 2020年10月07日

小林 大地

Daichi Kobayashi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 免疫学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2021 苦味物質が及ぼすケモカイン受容体を介した免疫細胞遊走への影響
  • 2020 - 2021 ワクチン療法の改良を見据えた苦味物質による獲得免疫応答増幅の解析
  • 2018 - 2021 ニコチンは CCR7 依存的細胞遊走を亢進し、免疫応答を促進するか?
  • 2018 - 2019 ケモカインによる新たな免疫応答制御機構の解明
論文 (13件):
  • Daichi Kobayashi, Norikazu Kiguchi, Fumihiro Saika, Shiroh Kishioka, Shinsuke Matsuzaki. Insufficient efferocytosis by M2-like macrophages as a possible mechanism of neuropathic pain induced by nerve injury. Biochemical and biophysical research communications. 2020
  • Fumihiro Saika, Shinsuke Matsuzaki, Daichi Kobayashi, Yuya Ideguchi, Tomoe Y Nakamura, Shiroh Kishioka, Norikazu Kiguchi. Chemogenetic Regulation of CX3CR1-Expressing Microglia Using Gi-DREADD Exerts Sex-Dependent Anti-Allodynic Effects in Mouse Models of Neuropathic Pain. Frontiers in pharmacology. 2020. 11. 925-925
  • Maeda D, Kubo T, Kiya K, Kawai K, Matsuzaki S, Kobayashi D, Fujiwara T, Katayama T, Hosokawa K. Periostin is induced by IL-4/IL-13 in dermal fibroblasts and promotes RhoA/ROCK pathway-mediated TGF-β1 secretion in abnormal scar formation. Journal of plastic surgery and hand surgery. 2019. 1-7
  • Saika F, Kiguchi N, Matsuzaki S, Kobayashi D, Kishioka S. Inflammatory macrophages in the sciatic nerves facilitate neuropathic pain associated with type 2 diabetes mellitus. Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics. 2019. jpet.118.252668
  • Yousuke Takaoka, Shohei Uchinomiya, Daichi Kobayashi, Masataka Endo, Takahiro Hayashi, Yoshiaki Fukuyama, Haruko Hayasaka, Masayuki Miyasaka, Takumi Ueda, Ichio Shimada, et al. Endogenous Membrane Receptor Labeling by Reactive Cytokines and Growth Factors to Chase Their Dynamics in Live Cells. Chem. 2018. 4. 6. 1451-1464
もっと見る
MISC (11件):
  • 木口 倫一, 内田 仁司, 歌 大介, 雑賀 史浩, 小林 大地, 松崎 伸介. 乾癬モデルマウスにおける脊髄ミクログリアの活性化. PAIN RESEARCH. 2019. 34. 2. 157-157
  • 雑賀 史浩, 木口 倫一, 小林 大地, 松崎 伸介. 神経障害性疼痛モデルマウスにおけるDREADDシステムを用いたマクロファージ/ミクログリア活性操作. PAIN RESEARCH. 2019. 34. 2. 158-158
  • 森下 晃, 松崎 伸介, 小林 大地, 大江 直, 尾関 隆弘, 雑賀 史浩, 木口 倫一, 岸岡 史郎. 皮膚損傷治癒機構におけるアンギオテンシン2 type2受容体アゴニストの働き. 和歌山医学. 2018. 69. 4. 196-196
  • 木口 倫一, 雑賀 史浩, 小林 大地, 松崎 伸介, 岸岡 史郎. 炎症性マクロファージは神経傷害後のミクログリア活性化および機械的アロディニアを調節する. PAIN RESEARCH. 2018. 33. 2. 140-140
  • 雑賀 史浩, 木口 倫一, 小林 大地, 松崎 伸介, 岸岡 史郎. α4β2ニコチン性アセチルコリン受容体アゴニストはマウスにおける2型糖尿病性神経障害性疼痛を減弱する. PAIN RESEARCH. 2018. 33. 2. 154-154
もっと見る
書籍 (1件):
  • 【細胞表面受容体】 構造的特徴:7回膜貫通型 受容体の遺伝子:CCR7, CXCR4 ケモカイン受容体の協働作用による効率的なリンパ球移動の誘導
    生体の科学 2013
講演・口頭発表等 (6件):
  • Efferocytosis mediated anti-inflammatory responses are restricted at the site of peripheral nerve injury
    (IUIS2019 2019)
  • 末梢神経傷害部位における抗炎症性マクロファージの役割
    (第47回日本免疫学会 2018)
  • 神経障害性疼痛モデルマウスを用いた抗炎症性マクロファージの機能解析
    (第38回鎮痛薬・オピオイドペプチドシンポジウム 2018)
  • Involvement of purinoceptor expressed on M1 like macrophage in neuropathic pain.
    (第18回国際薬理学会 2018)
  • CCR7 homo-oligomerization plays an important role in CCR7-dependent signaling
    (第45回日本免疫学会 2016)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2020/02 - 現在 新潟大学 医歯学総合研究科 免疫医動物学分野 助教
  • 2017/04 - 2020/01 和歌山県立医科大学 医学部薬理学講座 特別研究員
受賞 (2件):
  • 2019 - 日本免疫学会 Tadamitsu Kishimoto International Travel Award
  • 2018 - Wakayama Medical Award for Young Researchers
所属学会 (3件):
日本分子生物学会 ,  日本薬理学会 ,  日本免疫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る