研究者
J-GLOBAL ID:201801015445382090   更新日: 2021年09月04日

椋代 茂之

ムクダイ シゲユキ | Mukudai Shigeyuki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 耳鼻咽喉科学
研究キーワード (5件): TGF-β1/Smad signaling ,  ステロイドホルモン ,  声帯瘢痕 ,  喉頭科学 ,  耳鼻咽喉科
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2023 声帯硬化性病変に対する再生医療の重症度に応じた体系化のための基礎的研究
  • 2019 - 2022 声帯溝症に対する羊膜移植を用いた声帯再生医療開発のための基礎研究
  • 2019 - 2022 声帯瘢痕に対する新規エストロゲン治療法の開発
論文 (26件):
  • Shigeru Hirano, Yoichiro Sugiyama, Mami Kaneko, Shigeyuki Mukudai, Shinya Fuse, Keiko Hashimoto. Intracordal Injection of Basic Fibroblast Growth Factor in 100 Cases of Vocal Fold Atrophy and Scar. The Laryngoscope. 2021. 131. 9. 2059-2064
  • Keiko Hashimoto, Mami Kaneko, Shota Kinoshita, Satomi Ozawa, Shigeyuki Mukudai, Yoichiro Sugiyama, Shigeru Hirano. Effects of Repeated Intracordal Glucocorticoid Injection on the Histology and Gene Expression of Rat Vocal Folds. Journal of voice : official journal of the Voice Foundation. 2021
  • 杉山 庸一郎, 布施 慎也, 椋代 茂之, 平野 滋. 気管切開術を要した声門下嚢胞の1例. 小児耳鼻咽喉科. 2021. 42. 1. 94-97
  • 佐分利 純代, 杉山 庸一郎, 宗川 亮人, 小澤 聡美, 村上 賢太郎, 橋本 慶子, 椋代 茂之, 平野 滋. 喉頭軟骨肉腫の1例. 頭頸部外科. 2021. 30. 3. 373-377
  • Satomi Ozawa, Shigeyuki Mukudai, Yoichiro Sugiyama, Ryan C Branski, Shigeru Hirano. Mechanisms Underlying the Antifibrotic Potential of Estradiol for Vocal Fold Fibrosis. The Laryngoscope. 2020
もっと見る
MISC (49件):
  • 橋本 慶子, 杉山 庸一郎, 木下 翔太, 小澤 聡美, 布施 慎也, 椋代 茂之, 平野 滋. モルモットにおける咽頭期嚥下出力低下モデルの嚥下動態解析. 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021. 124. 4. 631-631
  • 小澤 聡美, 椋代 茂之, 木下 翔太, 布施 慎也, 橋本 慶子, 金子 真美, 杉山 庸一郎, 平野 滋. ラット培養声帯線維芽細胞に対するエストラジオールの抗線維化作用. 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021. 124. 4. 650-650
  • 椋代 茂之, 中尾 龍太, 小西 英一, 田中 秀央, 平野 滋. 【カラーアトラス 基本から学ぶ病理組織の見方】疾患各論 病理レポートを理解するためのポイント 喉頭疾患 異形成/上皮内癌/扁平上皮癌/喉頭乳頭腫/喉頭アミロイドーシス. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科. 2021. 93. 3. 234-238
  • 平野 滋, 杉山 庸一郎, 金子 真美, 椋代 茂之. 健康長寿のための音声の維持. 日本耳鼻咽喉科学会会報. 2021. 124. 1. 11-13
  • 木下 翔太, 杉山 庸一郎, 橋本 慶子, 布施 慎也, 竹村 晃世, 椋代 茂之, 梅崎 俊郎, 平野 滋. 幼若ラット嚥下中枢の延髄背側領域における左右相互連絡についての検討. 喉頭. 2020. 32. 2. 104-104
もっと見る
書籍 (1件):
  • Neuroanatomy and neurophysiology of the larynx.
    Springer 2016
講演・口頭発表等 (6件):
  • The effects of human amniotic membrane (AM) transplantation for vocal fold regeneration
    (13th Congress of the European Laryngological Society 2021)
  • Effects of Japanese Herbal Medicine Kyoseihatekigan On Vocal Fold Wound Healing
    (Combined Otolaryngology Spring Meetings 2021 2021)
  • Estradiol Ameliorates Vocal Fold Fibrosis by Modulation of Estrogen Receptor-Mediated TGF-β1 Signaling
    (Combined Otolaryngology Spring Meetings 2020 2020)
  • Implementing efficient peptoid-mediated delivery of RNA-based therapeutics to the vocal folds
    (Combined Otolaryngology Spring Meetings 2019 2019)
  • Glucocorticoids regulate Smad signaling via phosphorylation of the glucocorticoid receptor in human vocal fold fibroblasts
    (Combined Otolaryngology Spring Meetings 2018 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2010 - 2014 京都府立医科大学大学院 医学研究科
  • 1998 - 2004 京都府立医科大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都府立医科大学大学院医学研究科)
経歴 (2件):
  • 2018/07 - 現在 京都府立医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 助教
  • 2017 - New York大学Voice center Senior Research Associate
所属学会 (5件):
耳鼻咽喉科臨床学会 ,  日本嚥下医学会 ,  日本喉頭科学会 ,  日本気管食道科学会 ,  日本耳鼻咽喉科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る