研究者
J-GLOBAL ID:201801015462845150   更新日: 2021年10月23日

半 智史

ナカバ サトシ | Nakaba Satoshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
ホームページURL (1件): http://web.tuat.ac.jp/~tokusei/
研究分野 (1件): 木質科学
研究キーワード (1件): 木材解剖学、細胞生物学、樹木生理学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2024 13CO2パルスラベリングによる樹幹内炭素配分過程の解明と肥大成長モデルの構築
  • 2020 - 2023 細胞老化の視点から切り拓く樹木の心材形成研究の新展開
  • 2019 - 2022 心材形成機構に迫る新規アプローチ:細胞死を制御する自己分解酵素の時空間動態の解明
  • 2018 - 2021 樹木肥大成長期間の検証:年輪は1年のうちに完成しているのか?
  • 2018 - 2021 樹木細胞壁の階層構造構築機構の直接生体イメージング解析
全件表示
論文 (77件):
  • Yusuke Yamagishi, Kayo Kudo, Joto Yoshimoto, Satoshi Nakaba, Eri Nabeshima, Ugai Watanabe, Ryo Funada. Tracheary elements from calli of Japanese horse chestnut (Aesculus turbinata) form perforation-like structures. PLANTA. 2021. 253. 5
  • Tatsuki Kurei, Rino Tsushima, Yoko Okahisa, Satoshi Nakaba, Ryo Funada, Yoshiki Horikawa. Creation and structural evaluation of the three-dimensional cellulosic material "white-Colored Bamboo". Holzforschung. 2021. 75. 2. 180-186
  • Md Hasnat Rahman, Kayo Kudo, Yusuke Yamagishi, Yusuke Nakamura, Satoshi Nakaba, Shahanara Begum, Widyanto Dwi Nugroho, Izumi Arakawa, Peter Kitin, Ryo Funada. Winter-spring temperature pattern is closely related to the onset of cambial reactivation in stems of the evergreen conifer Chamaecyparis pisifera. SCIENTIFIC REPORTS. 2020. 10. 1
  • Kana Iwami, Satoshi Noma, Takuya Ban, Yasuyuki Matsushita, Izumi Arakawa, Peter Kitin, Ryo Funada, Satoshi Nakaba. Pathways of extra- and intercellular diffusion of colored substances in the blackened xylem ofDiospyros kaki. JOURNAL OF WOOD SCIENCE. 2020. 66. 1
  • Peter Kitin, Satoshi Nakaba, Christopher G. Hunt, Sierin Lim, Ryo Funada. Direct fluorescence imaging of lignocellulosic and suberized cell walls in roots and stems. AOB PLANTS. 2020. 12. 4
もっと見る
MISC (17件):
  • 小池孝良, 江口則和, 渡部敏裕, 市川 一, 藤戸永司, 曲 来葉, 渡辺 誠, 渡邊陽子, エフゲニオス・アガトクレオス, 石 聡, et al. 生産環境変化が樹林地の動態に与える広域影響評価 -開放系CO2とO3の付加実験施設での成果から-. 北方森林保全技術. 2020. 37
  • 山岸祐介, 高田直樹, 渡辺宇外, 荒川圭太, 佐野雄三, 半智史, 船田良. 交雑ポプラ培養細胞へのGFP-TUA6およびLifeact-mCherryの導入による細胞骨格の可視化. 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM). 2020. 70th
  • 吉田裕子, 山岸祐介, 飛松裕基, 梅澤俊明, 半 智史, 船田 良. 蛍光プローブによるポプラ培養細胞の管状要素誘導系におけるリグニン沈着の可視化. 第68回日本木材学会大会. 2018
  • 堀川祥生, 半 智史, 船田 良, 山岸祐介, 斎藤継之, 磯貝 明, 杉山淳司. スギから誘導したカルスのセルロースミクロフィブリルにおける長さ方向の高次構造. 第67回日本木材学会. 2017
  • 半智史, 高橋大輔, 梅澤泰史, 春日純, 高田直樹, 中田了五, 上村松生, 船田良. ショットガンプロテオミクスを用いたドロノキ放射柔細胞の放射方向におけるタンパク質変動の解析. 日本植物学会大会研究発表記録. 2017. 81st
もっと見る
書籍 (2件):
  • Xylogenesis in trees: from cambial cell division to cell death.「Secondary xylem biology」
    Elsevier 2016
  • Three-dimensional imaging of cambium and secondary xylem cells by confocal laser scanning microscopy.「Plant Microtechniques and Protocols」
    Springer 2015
講演・口頭発表等 (160件):
  • 種々の褐色腐朽菌で腐朽させた木材の化学的特性
    (第63回リグニン討論会 2018)
  • Development of a lignin-free hardwood block from Zelkova serrata and its structural evaluation
    (2018 SWST/JWRS International Convention, Nagoya Japan 2018)
  • Formation of networks of earlywood vessels in a deciduous ring-porous hardwood, Quercus serrata
    (2018 SWST/JWRS International Convention, Nagoya Japan 2018)
  • Artificial lignified cell wall synthesis based on polysaccharide extracted from cultured cells
    (2018 SWST/JWRS International Convention, Nagoya Japan 2018)
  • Comparative FT-IR analysis of wood blocks decayed by six species of brown-rot fungi
    (2018 SWST/JWRS International Convention, Nagoya Japan 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2009 東京農工大学 資源・環境学専攻
  • 2004 - 2006 東京農工大学 環境資源物質科学専攻
  • 2000 - 2004 北海道大学 森林科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京農工大学)
経歴 (6件):
  • 2016/12 - 現在 東京農工大学大学院農学研究院 准教授
  • 2011/12 - 2016/11 東京農工大学大学院農学研究院 助教(テニュアトラック)
  • 2011/04 - 2011/11 東京農工大学 農学府•農学部 産学官連携研究院
  • 2009/07 - 2011/03 東京農工大学 農学府•農学部 特別研究員
  • 2009/04 - 2009/06 東京農工大学 農学府•農学部 科研費等研究支援研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2019/06 - 現在 日本木材学会 常任理事
  • 2017/06 - 2019/05 日本木材学会 編集委員
受賞 (1件):
  • 2015/03/17 - 社団法人日本木材学会 第26回日本木材学会奨励賞 樹木の木部放射組織における細胞死発現機構に関する研究
所属学会 (4件):
国際木材解剖学会 ,  生態工学会 ,  日本植物学会 ,  日本木材学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る