研究者
J-GLOBAL ID:201801015663160686   更新日: 2021年05月15日

浦羽 真太郎

Uraba Shintaro
研究分野 (1件): 保存治療系歯学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2017 - 2020 歯内領域における歯科用コーンビームCTとMRIを用いた画像評価に関する研究
MISC (6件):
  • 浦羽 真太郎. エンド治療Q&A コーンビームCT(CBCT)撮影はどのような場合に行うのがよいでしょうか. 歯界展望. 2021. 137. 3. 550-551
  • 戸部 拓馬, 八幡 祥生, 馬場 聖, 大田 千明, 浦羽 真太郎, 高林 正行, 鈴木 規元. 専門外来へ紹介された要根管治療歯における垂直性歯根破折の頻度とその特定法. 特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集. 2020. 153回. 74-74
  • 馬場 聖, 浦羽 真太郎, 鈴木 規元. ラバーダム防湿の基本 歯内治療の向上を目指して. 歯界展望. 2020. 136. 1. 46-67
  • 浦羽 真太郎. エンド治療Q&A2019 パノラマ断層撮影法で根尖性歯周炎の有無の評価はできますか?. 歯界展望. 2019. 133. 6. 1116-1117
  • 海老原 新, 浦羽 真太郎, 飯野 由子, 小松 恵, 吉岡 俊彦, 須田 英明. 歯内療法の診断におけるCBCT使用に関する調査報告. 別冊Quintessence YEARBOOK 2014 今だからこそ押さえておきたい!世界の歯内療法の潮流. 2014. 132-133
もっと見る
書籍 (3件):
  • エンド治療Q&A2020
    医歯薬出版 2020 ISBN:9784263461587
  • エンドの基本
    医歯薬出版 2019 ISBN:9784263461457
  • 歯内療法成功のためのコーンビームCT活用術
    クインテッセンス出版 2018 ISBN:9784781205984
講演・口頭発表等 (6件):
  • 口内法撮影と歯科用CBCTを用いた根尖性骨欠損の評価
    (日本歯内療法学会学術大会プログラム・抄録集 2017)
  • 歯内療法における歯科用CTを用いた診断
    (第23回日本歯科医学会総会 2016)
  • Detection of Apical Periodontitis using Cone-Beam Computed Tomography and Periapical Radiography
    (The 4th Tri-University Consortium 2015)
  • 根尖病変の検出におけるコーンビームCTの優位性について
    (第140回日本歯科保存学会春季学術大会 2014)
  • A Survey on Usage of Cone Beam Computed Tomography for Endodontic Diagnosis
    (IFEA The 9th World Endodontic Congress 2013)
もっと見る
学位 (1件):
  • 歯学博士 (東京医科歯科大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る