研究者
J-GLOBAL ID:201801015776247400   更新日: 2020年09月09日

渡谷 祐介

WATADANI YUSUKE
所属機関・部署:
論文 (10件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • Risk Factors for the Development of Postoperative Ileus Following Absominal Surgery for Crohn's Disease.
    (American Society of Colon & Rectal Surgeons (ASCRS) Annual Scientific Meeting, 2017 2017)
  • クローン病術後イレウスの危険因子に関する検討
    (第71回日本大腸肛門病学会学術集会 2016)
  • クローン病腹部手術における腹腔内癒着の危険因子
    (JDDW2016 2016)
  • IBD肛門病変の診断・治療のタイミング 渡谷祐介
    (第16回岡山IBDカンファレンス 2016)
  • クローン病のSSI 発症危険因子からみた術中対策の課題
    (第71回日本消化器外科学会総会 2016)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る