研究者
J-GLOBAL ID:201801015797548869   更新日: 2021年10月22日

山下 智大

ヤマシタ トモヒロ | Yamashita Tomohiro
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://global.phar.kyushu-u.ac.jp/
研究分野 (3件): 神経科学一般 ,  医療薬学 ,  薬理学
研究キーワード (12件): P2X4受容体 ,  ミクログリア ,  Mas関連Gタンパク質共役受容体 ,  GPCR ,  ハイスループットスクリーニング ,  プリン受容体 ,  創薬 ,  化合物スクリーニング ,  グリア ,  かゆみ ,  疼痛 ,  薬理学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2024 神経障害性疼痛に直結する神経回路動作異常メカニズムの解明と創薬への応用
  • 2017 - 2022 グリーンファルマを基盤にした創薬オープンイノベーションの推進
  • 2019 - 2021 制御化合物から紐解くかゆみ伝達におけるMrgprの役割そして創薬への応用
  • 2018 - 2021 P2X4に対する高親和性抗体を利用した痛みを抑制する誘導体化抗体の開発
  • 2017 - 2019 オートファジーによるミトコンドリアDNA分解の分子機構と生理的意義の解析
全件表示
論文 (19件):
もっと見る
MISC (6件):
講演・口頭発表等 (5件):
  • New pharmacological effects of approved drugs targeting P2X7 receptors against the release of IL-1β from microglial cells and neuropathic pain after peripheral nerve injury WCP2018
    (WCP2018 2018)
  • New pharmacological effects of approved drugs targeting P2X7 receptors against the release of IL-1β from microglial cells and neuropathic pain after peripheral nerve injury
    (Purines 2018 2018)
  • Microglial ATP receptors in neuropathic pain
    (Purines 2018 2018)
  • グリア細胞およびATP受容体を標的としたアカデミア創薬の実現に向けた「グリーンファルマ研究」の取り組み
    (薬学会137年会 2017)
  • デュロキセチンによるミクログリアに発現するP2X4受容体の阻害作用および末梢神経損傷に伴う神経障害性疼痛に対する改善効果
    (第90回日本薬理学会年会 2017)
学位 (1件):
  • 薬学博士 (九州大学)
所属学会 (3件):
日本神経化学会 ,  日本薬学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る