研究者
J-GLOBAL ID:201801016072423706   更新日: 2020年09月14日

青山 裕美

青山 裕美
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 皮膚科学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2014 - 2017 天疱瘡の新規病因シグナル伝達経路の解明
  • 2014 - 2015 稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究
論文 (144件):
  • Tanaka Ryo, Yamamoto Takenobu, Oka Daigo, Hiratsuka Junichi, Moriya Takuya, Aoyama Yumi, Fujimoto Wataru, Wada Hideho. Folliculotropic mycosis fungoides treated with electron beam therapy that evolved into fatal, tumor-stage mycosis fungoides and erythroderma with multiple ulcerations. Kawasaki Medical Journal. 2020. 46. 73-76
  • Yoshiyasu Umeda, Hiroaki Hayashi, Seiko Sugiyama, Yumi Aoyama. Systemic capillary leak syndrome triggered by anti-programmed death 1 checkpoint inhibitor in psoriasis. The Journal of dermatology. 2020
  • Ken Okamura, Yuko Abe, Izumi Naka, Jun Ohashi, Akiko Yagami, Kayoko Matsunaga, Yui Kobayashi, Kazuyoshi Fukai, Atsushi Tanemura, Ichiro Katayama, et al. Genome-wide association study identifies CDH13 as a susceptibility gene for rhododendrol-induced leukoderma. Pigment Cell & Melanoma. 2020
  • Seiko Sugiyama, Ryota Tanaka, Hiroaki Hayashi, Kentaro Izumi, Wataru Nishie, Yumi Aoyama. Acquired Haemophilia A in DPP4 Inhibitor-induced Bullous Pemphigoid as Immune Reconstitution Syndrome. Acta dermato-venereologica. 2020. 100. 13
  • 青山 裕美. アミロイド苔癬,痒疹のかゆみよ汗~疾患に併せた汗への対処法~. 皮膚アレルギーフロンティア. 2020. 18. 1. 21-25
もっと見る
MISC (9件):
  • 青山 裕美, 伊藤 明子, 鈴木 加余子, 鈴木 民夫, 種村 篤, 錦織 千佳子, 伊藤 雅章, 片山 一朗, 杉浦 伸一, 松永 佳世子, et al. ロドデノール誘発性脱色素斑症例における一次全国疫学調査結果. 日本皮膚科学会雑誌. 2014. 124. 11. 2095-2109
  • 塩見真理子, 青山裕美, 岩月啓氏. 香粧品によるトラブルに対応する ロドデノールによる白斑. 皮膚科の臨床. 2014. 56. 11. 1916-1924
  • 神谷浩二, 青山裕美, 岩月啓氏. 天疱瘡抗体の病因性を判定する職人技. Visual Dermatology. 2014. 13. 6. 646-648
  • 瀧口 徹也, 大塚 正樹, 梅村 啓史, 鈴木 規弘, 青山 裕美, 大野 貴司, 岩月 啓氏, 柳井 広之. 臨床的に悪性を疑った皮膚線維種の一例. 日本皮膚病理組織学会会誌. 2012
  • 瀧口 徹也, 山崎 修, 原本 理恵, 鈴木 規弘, 青山 裕美, 岩月 啓氏. 血清TARC値が上昇していた木村病の2例. 日本皮膚科学会雑誌. 2011. 121. 11. 2283-2283
もっと見る
書籍 (101件):
  • 【陰部の皮膚病変アトラス】(Part1.)炎症性病変(感染症以外) 湿疹・皮膚炎(Atlas 1)間擦疹「Visual Dermatology」
    秀潤社 2020
  • 【陰部の皮膚病変アトラス】(Part1.)炎症性病変(感染症以外) 湿疹・皮膚炎(Atlas 3)接触皮膚炎「Visual Dermatology」
    秀潤社 2020
  • 【陰部の皮膚病変アトラス】(Part1.)炎症性病変(感染症以外) 炎症性角化症(Atlas 6)扁平苔癬「Visual Dermatology」
    秀潤社 2020
  • 【陰部の皮膚病変アトラス】(Part2.)感染症 虫(Atlas 25)ケジラミ症「Visual Dermatology」
    秀潤社 2020
  • 【陰部の皮膚病変アトラス】(Part2.)感染症 虫(Atlas 26)疥癬「Visual Dermatology」
    秀潤社 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (81件):
  • 炎症性皮膚疾患にみられる発汗障害の実態と病態への関与
    (第119回日本皮膚科学会総会 2020)
  • 明日から使える糖尿病に合併する皮膚病変への対処方法~皮脂欠乏症などを交えて~
    (日本分泌学会 第29回臨床内分泌代謝 Update in Kochi 2019)
  • 発汗機能に着目した保湿剤による乾燥性皮膚疾患治療
    (第71回日本皮膚科学会西部支部学術大会 2019)
  • 当院で経験した結節性類天疱瘡の臨床的特徴
    (第71回日本皮膚科学会西部支部学術大会 2019)
  • アルコールの多量飲酒歴のあるBenign Symmetrical Lipomatosisの2例
    (第71回日本皮膚科学会西部支部学術大会 2019)
もっと見る
経歴 (2件):
  • 2015/04 - 現在 川崎医科大学附属川崎病院 皮膚科学 部長
  • 2015/04 - 現在 川崎医科大学 皮膚科学 教授
受賞 (7件):
  • 2009 - リディアオリリー協会 リディアオリリー協会研究助成金
  • 2008 - 岐阜医学研究協議会 岐阜医学奨励賞
  • 2000 - 日本皮膚科学会 皆見賞
  • 2000 - 日本研究皮膚科学会 Shiseido International Fellowship Shiseido Award 2000
  • 1998 - ESDR European Society for Dermatological Research travel grant
全件表示
所属学会 (6件):
皮膚かたち研究学会 ,  日本皮膚免疫アレルギー学会 ,  日本皮膚科学会 ,  日本発汗学会 ,  日本研究皮膚科学会 ,  日本乾癬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る