研究者
J-GLOBAL ID:201801016195656390   更新日: 2024年04月12日

松下 晃

マツシタ アキラ | Matsushita Akira
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 消化器外科学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2016 - 2019 幹細胞における老化機序解明と組織再生へ向けた試み
  • 2016 - 2019 膵癌化学療法効果予測miRNAの同定とバイオマーカー探索
  • 2014 - 2017 膵癌におけるStat5の生物学的役割とそのシグナル伝達経路について
  • 2013 - 2016 膵癌におけるNestinのリン酸化制御による抗腫瘍効果の検討
  • 2013 - 2016 microRNAによるnestin制御:膵癌治療の臨床応用を目指した検討
全件表示
論文 (402件):
  • Tetsuya Shimizu, Hiroshi Yoshida, Nobuhiko Taniai, Masato Yoshioka, Yoichi Kawano, Akira Matsushita, Junji Ueda, Takuma Iwai, Takahiro Murokawa, Takashi Ono, et al. Clinical features of extrahepatic portal vein obstruction: Myeloproliferative neoplasms eliminate hypersplenic hematologic changes in extrahepatic portal vein obstruction. Intractable & rare diseases research. 2024. 13. 1. 63-68
  • Masato Yoshioka, Tetsuya Shimizu, Junji Ueda, Mampei Kawashima, Toshiyuki Irie, Takahiro Haruna, Takashi Ohno, Youichi Kawano, Yoshiaki Mizuguchi, Akira Matsushita, et al. Safety and feasibility of laparoscopic liver resection with the clamp-crush method using the BiSect. Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi. 2023
  • Junji Ueda, Yasuhiro Mamada, Nobuhiko Taniai, Masato Yoshioka, Akira Matsushita, Satoshi Mizutani, Youichi Kawano, Tetsuya Shimizu, Tomohiro Kanda, Hideyuki Takata, et al. Distribution of splenic arterial flow and segmental spleen volume for partial splenic arterial embolization. Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi. 2023
  • Tetsuya Shimizu, Masato Yoshioka, Akira Matsushita, Keiko Kaneko, Junji Ueda, Mampei Kawashima, Toshiyuki Irie, Takashi Ono, Hiroyasu Furuki, Tomohiro Kanda, et al. Causes and Management of Endoscopic Retrograde Cholangiopancreatography-Related Perforation: A Retrospective Study. Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi. 2023. 90. 4. 316-325
  • Tetsuya Shimizu, Masato Yoshioka, Akira Matsushita, Junji Ueda, Mampei Kawashima, Takashi Ono, Youichi Kawano, Hiroshi Yoshida. Esophagogastric varix caused by extrahepatic portal vein obstruction with essential thrombocythemia: A case report. Journal of Nippon Medical School = Nippon Ika Daigaku zasshi. 2023
もっと見る
MISC (493件):
  • 中村 慶春, 松下 晃, 高橋 吾郎, 早川 朋宏, 大野 崇, 遠藤 憲彦, 吉岡 正人, 勝野 暁, 清水 哲也, 神田 知洋, et al. 高難度肝胆膵外科鏡視下手術の教育について. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2021. 26. 7. SP8-5
  • 清水 哲也, 中村 慶春, 松下 晃, 神田 知洋, 吉岡 正人, 吉田 寛. 鏡視下胆道再建術-安全な普及を目指した戦略について- 腹腔鏡下胆道消化管吻合の普及に向けた取り組みについて. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2021. 26. 7. CSY18-3
  • 川野 陽一, 松本 智司, 金谷 洋平, 青木 悠人, 吉岡 正人, 松下 晃, 清水 哲也, 上田 純志, 高田 英志, 水谷 聡, et al. 高難度の腹腔鏡下副腎摘除・後腹膜腫瘍摘除-困難例へのコツと対応- Medial Retro-Mesenteric Approachによる腹腔鏡下後腹膜腫瘍切除術. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2021. 26. 7. WS12-7
  • 吉岡 正人, 吉田 寛, 清水 哲也, 松下 晃, 上田 純志, 川島 万平, 入江 利幸, 川野 陽一, 谷合 信彦. 当科における腹腔鏡下肝左葉切除の手技の定型化について. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2021. 26. 7. MO052-3
  • 松下 晃, 中村 慶春, 吉田 寛, 川島 万平, 入江 利幸, 上田 純志, 清水 哲也, 吉岡 正人. 胆道癌に対する腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術(Lap- PD)の手術手技と治療成績. 日本内視鏡外科学会雑誌. 2021. 26. 7. MO058-5
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る