研究者
J-GLOBAL ID:201801016214390851   更新日: 2020年09月25日

大下 智彦

オオシタ トモヒコ | OHSHITA TOMOHIKO
所属機関・部署:
研究キーワード (1件): 神経変性疾患
論文 (7件):
  • 竹元 裕紀, 朝山 直樹, 竹内友香理, 鴫田賢次郎, 青山 大輝, 福本 晃, 向井 伸一, 小川裕太郎, 大下 智彦, 永田 信二. バラシクロビル内服後に,アシクロビル脳症と腎機能障害が生じ補液のみで改善した1 例. 廣島醫學. 2020. 73. 378-382
  • Kitamura J, Nagai M, Ueno H, Ohshita T, Kikumoto, M, Toko M, Kato M, Dote K,, Yamashita H, Kario K. The Insular Cortex, Alzheimer Disease Pathology, and Their Effects on Blood Pressure Variability. Alzheimer Dis Assoc Disord. 2020. 34. 3. 282-291
  • Yamasaki T, Aso T, Kaseda Y, Mimori Y, Doi H, Matsuoka N, Takamiya N, Torii T, Takahashi T, Ohshita T, et al. Decreased stimulus-driven connectivity of the primary visual cortex during visual motion stimulation in amnestic mild cognitive impairment: An fMRI study. Neurosci Lett. 2019. 711. 134402. doi: 10.1016
  • Warm front passage on the previous day increased ischemic stroke events. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2019. 28. 7. 1873-1878
  • 菊本 舞, 野中 恵, 竹下 潤, 大下智彦, 山下拓史. 90歳と超高齢で発症した視神経脊髄炎の1例. 臨床神経. 2018. 58. 12. 761-763
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • 多発性硬化症における展望記憶障害と脳萎縮についての検討
    (第61回日本神経学会学術大会 2020)
  • 小血管性虚血病変合併アルツハイマー型認知症の特徴
    (第38回日本認知症学会学術集会 2019)
委員歴 (2件):
  • 2018/10/01 - 2019/03/31 広島県難病対策推進協議会(平成30年度)
  • 2019/03/01 - 広島市難病対策協議会
受賞 (1件):
  • 2000/06/16 - 日本老年医学会 第42会日本老年医学会優秀ポスター賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る