研究者
J-GLOBAL ID:201801016246969150   更新日: 2019年04月04日

矢野 武志

ヤノ タケシ | YANO Takeshi
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 麻酔科学 ,  救急医学
研究キーワード (3件): 麻酔 ,  集中治療 ,  ペインクリニック
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2015 - 2018 重症敗血症における臓器リモデリングの検討
  • 2013 - 2015 敗血症性ショック治療薬としてのトロンボモデュリンの効果
  • 2011 - 2013 敗血症性ショックに対する新規治療薬の開発
論文 (39件):
  • Takeshi Yano, Tetsu Yonaha, Koutaro Hidaka, Masumi Nagahama, Tomohiro Koshida, Hiroshi Matsuoka, Masahiko Taniguchi, Isao Tsuneyoshi. A case of severe acute exacerbation of Yokkaichi asthma treated with a vibrating mesh nebulizer. Respiratory Medicine Case Reports. 2016. 19. 83-85
  • 矢野 武志, 恒吉 勇男. 各科手術での使用:高齢者手術-高齢者への応用の長所・短所-. 日本臨床麻酔学会誌. 2016. 36. 4. 479-483
  • Takeshi Yano, Masahiko Taniguchi, Isao Tsuneyoshi. Continuous rocuronium administration for tracheomalacia. Journal of Anesthesia. 2015. 29. 6. 978
  • Genji Shimpuku, Takeshi Yano, Isao Tsuneyoshi, Shuuji Uchimura, Shunsuke Kuroki, Yoshihumi Kodama, Yoshihiro Nagamine. Endotracheal tube insertion time for a cervical stabilized manikin using airway scope and multi view scope: a randomized manikin study. Anesthesia and clinical research. 2015. 6. 2
  • Yano T., Miyazato T., Nagahama M., Koshida T., Nagano T., Yonaha T., Oshikawa M., Taniguchi M., Shirasaka T., Tsuneyoshi I. Anchor FastTM endotracheal tube securing device for a pediatric patient during therapeutic hypothermia. Japanese Journal of Anesthesiology. 2014. 63. 1. 84-87
もっと見る
MISC (6件):
  • Yano T., Taniguchi M., Tsuneyoshi I. Food choking in a patient with congenital temporomandibular joint ankylosis. Turk Anesteziyoloji ve Reanimasyon Dernegi Dergisi. 2017. 45. 6. 380-381
  • Yano T., Fukumoto H., Taniguchi M., Tsuneyoshi I. Analysis of the alarms from a blood purification machine during continuous haemodiafiltration. Turk Anesteziyoloji ve Reanimasyon Dernegi Dergisi. 2017. 45. 4. 237-238
  • 矢野武志,恒吉勇男. デスフルランの上手な使い方 各科手術での使用:高齢者手術-高齢者への応用の長所・短所-. 日本臨床麻酔学会誌. 2016. 36. 4. 479-483
  • Yano T., Taniguchi M., Tsuneyoshi I. Continuous rocuronium administration for tracheomalacia. Journal of Anesthesia. 2015. 29. 6. 978
  • Shirasaka T., Yano T., Kunitake T., Tsuneyoshi I. Erratum: High-dose remifentanil increases blood pressure and heart rate mediated by sympatho-activation in conscious rats (Journal of Anesthesia DOI: 10.1007/s00540-012-1515-2). Journal of Anesthesia. 2013. 27. 3
もっと見る
書籍 (3件):
  • 麻酔科医のための周術期の薬物使用法-イソプレナリン
    中山書店 2015
  • 麻酔偶発症A to Z
    文光堂 2017
  • 麻酔偶発症A to Z
    文光堂 2017
講演・口頭発表等 (54件):
  • 肝切除術中に中心静脈値と術中出血量・周手術期管理への影響の後ろ向き研究
    (日本麻酔科学会第58回学術集会 2011)
  • レミフェンタニルの意識下ラットにおける心血管系および交感神経活動に及ぼす影響
    (日本麻酔科学会第58回学術集会 2011)
  • 肺胞出血および高カリウム血症を呈し死亡した全身性エリテマトーデスの一症例
    (九州麻酔科学会第49回大会 2011)
  • 手術着が手術室の空気清浄度に及ぼす影響
    (第33回日本手術医学会総会 2011)
  • ICUにて抜管困難を認めた後頭下開頭手術後の小児2症例
    (日本臨床麻酔学会第31回大会 2011)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2000 宮崎医科大学 医学部 医学科
  • 2002 - 2006 宮崎大学 医学研究科
学位 (1件):
  • 医学博士 (宮崎大学)
経歴 (8件):
  • 2000/05/16 - 2000/11/30 宮崎大学 医員(研修医)
  • 2000/12/01 - 2001/08/31 県立日南病院 臨床研修医師
  • 2001/09/01 - 2002/05/15 宮崎大学 医員(研修医)
  • 2002/05/16 - 2002/09/30 宮崎大学 医員
  • 2006/04/01 - 2008/04/30 国立病院機構都城病院 医師
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る