研究者
J-GLOBAL ID:201801016296680275   更新日: 2020年09月02日

中村 亮一

ナカムラ リョウイチ | Nakamura Ryoichi
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 神経内科学
論文 (30件):
もっと見る
MISC (46件):
  • 中村 亮一, 熱田 直樹, 祖父江 元. 【ALS(筋萎縮性側索硬化症)治療の最前線】多施設共同ALS患者レジストリとバイオマーカー開発. 医学のあゆみ. 2020. 272. 6. 503-510
  • Ogura Aya, Watanabe Hirohisa, Kawabata Kazuya, Ohdake Reiko, Tanaka Yasuhiro, Kato Toshiyasu, Masuda Michihito, Imai Kazunori, Yokoi Takamasa, Riku Yuichi, et al. Semantic deficits related to right fusiform and lingual gyrus network involvements in ALS(和訳中). 臨床神経学. 2019. 59. Suppl. S431-S431
  • 熱田 直樹, 中村 亮一, 林 直毅, 藤内 玄規, 勝野 雅央, 祖父江 元. 【ALS 2019】ALSにおける患者レジストリの役割 JaCALSなど. BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩. 2019. 71. 11. 1215-1225
  • 桝田 道人, 今井 和憲, 渡辺 宏久, 小倉 礼, 大嶽 れい子, 田中 康博, 加藤 隼康, 川畑 和也, 原 一洋, 中村 亮一, et al. ALSの意思決定様式の特異性とその神経基盤 確率逆転学習課題を用いた検討. Dementia Japan. 2019. 33. 4. 528-528
  • 小倉 礼, 渡辺 宏久, 川畑 和也, 大嶽 れい子, 桝田 道人, 加藤 隼康, 原 一洋, 今井 和憲, 横井 孝政, 田中 康博, et al. 熟字訓を用いたALSの意味記憶障害と安静時脳内ネットワーク解析. Dementia Japan. 2019. 33. 4. 529-529
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (名古屋大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る