研究者
J-GLOBAL ID:201801016401974050   更新日: 2020年09月01日

永堀 健太

Nagahori Kenta
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 解剖学 ,  泌尿器科学
研究キーワード (4件): 依存性薬物 ,  生殖免疫 ,  男性生殖器学 ,  精巣
論文 (8件):
  • 表原 拓也, 倉升 三幸, 呉 曦, 永堀 健太, 小川 夕輝, 河田 晋一, 李 忠連, 宮宗 秀伸, 伊藤 正裕. Sequential immunohistochemistry法による精細管と精巣上体管の接続過程の検討. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 342-342
  • Nagahori Kenta, Hirai Shuichi, Kuramasu Miyuki, Omotehara Takuya, Miyaso Hidenobu, Li Zhonglian, Ogawa Yuki, Itoh Masahiro. Identification of specific genes for untolerized testicular antigen in adult male mice. JOURNAL OF REPRODUCTIVE IMMUNOLOGY. 2018. 130. 30
  • 林 省吾, 山村 聡, 李 忠連, 河田 晋一, 永堀 健太, 表原 拓也, 宮宗 秀伸, 伊藤 正裕. Investigations of cortical and cancellous clavicle bone patterns associated with lateral clavicle fractures in the elderly:a CT-based cadaveric study 平成29年度学内研究「関節脱臼触診モデル開発のための3次元画像シミュレーションモデル」報告に代えて. 国際医療福祉大学学会誌. 2018. 23. 抄録号. 158-158
  • Nagahori K, Iwahashi K, Narita S, Numajiri M, Yoshihara E, Nishizawa D, Ikeda K, Ishigooka J. [Association between GSK3β polymorphisms and the smoking habits in young Japanese]. Nihon shinkei seishin yakurigaku zasshi = Japanese journal of psychopharmacology. 2015. 35. 3. 73-77
  • Narita S, Nagahori K, Nishizawa D, Yoshihara E, Kawai A, Murayama O, Ikeda K, Iwahashi K. [Association between norepinephrine transporter gene polymorphism and alcohol dependence in Japanese]. Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai zasshi = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence. 2014. 49. 6. 330-339
もっと見る
MISC (37件):
  • 宮宗秀伸, 永堀健太, 表原拓也, 河田晋一, 李忠連, 高野海哉, 倉升三幸, 小川夕輝, 伊藤正裕. 幼少期ストレスが引き起こすマウス雄性生殖器系への影響. 日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集. 2019. 124th. 170
  • 永堀健太, 表原拓也, 宮宗秀伸, 河田晋一, 李忠連, 倉升三幸, 小川夕輝, 伊藤正裕. 精巣の自己抗原性と免疫学的組織環境. 日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集. 2019. 124th. 109
  • 永堀 健太, 平井 宗一, 倉升 三幸, 表原 拓也, 宮宗 秀伸, 李 忠連, 小川 夕輝, 伊藤 正裕. 免疫寛容を受けていない精巣抗原遺伝子の同定. Reproductive Immunology and Biology. 2018. 33. 1-2. 88-88
  • 表原拓也, 永堀健太, 倉升三幸, 河田晋一, 小川夕輝, 李忠連, 宮宗秀伸, 伊藤正裕. 精細管と精巣上体管の接続に関する予備的検討. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2018. 161st. 295
  • 林 省吾, 山村 聡, 李 忠連, 河田 晋一, 永堀 健太, 表原 拓也, 宮宗 秀伸, 伊藤 正裕. Investigations of cortical and cancellous clavicle bone patterns associated with lateral clavicle fractures in the elderly:a CT-based cadaveric study 平成29年度学内研究「関節脱臼触診モデル開発のための3次元画像シミュレーションモデル」報告に代えて. 国際医療福祉大学学会誌. 2018. 23. 抄録号. 158-158
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2015/04 - 現在 東京医科大学 助教
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る