研究者
J-GLOBAL ID:201801016496898127   更新日: 2024年05月13日

水牧 仁一朗

ミズマキ マサイチロウ | Masaichiro Mizumaki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 磁性、超伝導、強相関系
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2022 - 2025 デバイス深部に実装された結晶性ナノ粒子の特性解明に資する構造可視化技術の開発
  • 2021 - 2025 希土類化合物が示す価数揺動・転移機構の共鳴X線分光複合計測とベイズ推定による解明
  • 2020 - 2023 新たなマルチスケール軟X線回折顕微鏡の開発とその利用研究
  • 2016 - 2019 ビスマス・鉛ペロブスカイトのs-d軌道間電荷分布変化解明と巨大負熱膨張への展開
  • 2015 - 2018 強相関4f電子系における4f-伝導電子間クーロン相互作用の量子臨界現象に果す役割
全件表示
論文 (272件):
  • Naoya Mamada, Masaichiro Mizumaki, Ichiro Akai, Toru Aonishi. Detection of Nonuniformity in Parameters for Magnetic Domain Pattern Generation by Machine Learning. Journal of the Physical Society of Japan. 2024. 93. 5
  • Rei Nishimura, Shun Katakami, Kenji Nagata, Masaichiro Mizumaki, Masato Okada. Bayesian Integration for Hamiltonian Parameters of Crystal Field. Journal of the Physical Society of Japan. 2024. 93. 034003
  • Tomohiro Nabika, Kenji Nagata, Masaichiro Mizumaki, Shun Katakami, Masato Okada. Bayesian active learning with model selection for spectral experiments. Scientific Reports. 2024. 14. 3680
  • Shogo Yoshida, Hajime Ueda, Tetsuya Mutou, Shun Katakami, Masato Okada, Yuichi Yokoyama, Masaichiro Mizumaki, Naoka Hiraoka, Kentaro Kitagawa, Yoshinori Haga, et al. Unique Band Structure of Pressure Induced Semiconducting State in SmS Characterized by 33S-Nuclear Magnetic Resonance Measurements. Journal of the Physical Society of Japan. 2024. 93. 1
  • Atsushi Machida, Takeshi Watanabe, Masaichiro Mizumaki, Kenji Nagata, Masato Okada. Development of a Bayesian inference method for the analysis of X-ray reflectivity data. Japanese Journal of Applied Physics. 2024. 63. 017005
もっと見る
MISC (335件):
  • 赤井一郎, 岡島敏浩, 水牧仁一朗, 青西亨, 山崎裕一. データ駆動科学による高次元X線吸収計測の革新. 日本物理学会講演概要集(CD-ROM). 2023. 78. 1
  • 赤井一郎, 岩満一功, 関澤央輝, 水牧仁一朗, 木村勇太, 雨澤浩史. リチウムイオン電池モデル電極デバイスにおける活物質劣化の統計的検出. 日本物理学会講演概要集(CD-ROM). 2023. 78. 2
  • 岩満一功, 谷本寛樹, HONGKUN X., 青西亨, 水牧仁一朗, 岡島敏浩, 木村勇太, 雨澤浩史, 赤井一郎. リチウムイオン電池モデル電極デバイスの2DX線吸収スペクトルから抽出された電子状態のメゾ構造. 日本物理学会講演概要集(CD-ROM). 2023. 78. 2
  • 西久保匠, 西久保匠, 今井孝, 酒井雄樹, 酒井雄樹, 水牧仁一朗, 大和田謙二, 町田晃彦, 綿貫徹, 押目典宏, et al. PbVO3の圧力下巨大体積変化を活かした負熱膨張設計と分域構造の観察. 日本物理学会講演概要集(CD-ROM). 2023. 78. 2
  • 西岡拓真, 久我健太郎, 藤原秀紀, 姫野良介, 笠原理加, 浜本諭, 西本幸平, 木須孝幸, 保井晃, 雀部矩正, et al. 価数揺動系物質α-Yb(Al1-xFex)B4の共鳴硬X線光電子分光. 日本物理学会講演概要集(CD-ROM). 2022. 77. 1
もっと見る
講演・口頭発表等 (45件):
  • 時間発展モデルを導入したベイズ推定による吸着ダイナミクスの解析
    (日本物理学会 2023)
  • ベイズ的アプローチによる小角散乱実験の試料構造選択
    (日本物理学会 2023)
  • データ駆動科学によるコンプトン散乱測定・解析の高度化
    (日本物理学会 第78回年次大会 2023)
  • 量子臨界物質YbRh2Si2の拡張周期アンダーソン模型解析
    (日本物理学会 2023)
  • 磁場印加下偏光制御共鳴硬X線光電子分光によるYbRh2Si2の量子臨界点近傍の電子状態観測
    (日本物理学会 2023)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学大学院工学系研究科)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る