研究者
J-GLOBAL ID:201801016558456169   更新日: 2021年06月04日

三浦 紘世

ミウラコウセイ | Miura Kousei
所属機関・部署:
職名: 病院講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 整形外科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2021 Correlation between sarcopenia and spinal sagittal imbalance during gait in patients with adult spinal deformity: a three-dimensional gait motion analysis
  • 2019 - 2021 高齢者の腰痛症の病態を改名する筋電図解析を同期した新たな三次元歩行動作解析の提案
  • 2019 - 2020 三次元動作解析と筋電図計測を同期させた歩行動作解析による高齢者の腰痛メカニズムの解明
  • 2019 - 2020 交通外傷による脊椎・脊髄外傷後脊柱変形に対して三次元動作解析と筋電図計測を同期させた新たな歩行動作解析の開発
  • 2019 - 2019 骨粗鬆症やサルコペニアに伴う歩行機能低下に対する三次元動作解析と無線表面筋電図を同期させた歩行動作解析の研究
論文 (46件):
もっと見る
MISC (235件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (63件):
  • 首下がりに対する三次元歩行動作解析を用いた脊椎アライメントの動的評価と静的アライメントとの関連首下がりに対する三次元歩行動作解析を用いた脊椎アライメントの動的評価と静的アライメントとの関連
    (第49回日本脊椎脊髄病学会 2020)
  • 成人脊柱変形における歩行による脊椎矢状面バランスの悪化と背筋群の脂肪浸潤との関係-三次元歩行動作解析を用いた歩行解析-
    (第49回日本脊椎脊髄病学会 2020)
  • 成人脊柱変形における歩行による脊椎矢状面バランスの悪化と背筋群の脂肪浸潤との関係-三次元歩行動作解析を用いた歩行解析-
    (第93回日本整形外科学会 2020)
  • 首下がりに対する三次元歩行動作解析を用いたアライメントの動的評価
    (第93回日本整形外科学会 2020)
  • HALを用いたロボットリハビリテーションによる高齢者の運動機能向上に向けた取り組み
    (HAL腰タイプ導入ユーザー全国研修大会 第3回好事例大賞最優秀選考会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2015 - 2019 筑波大学大学院博士課程 疾患制御医学専攻
  • 2002 - 2008 筑波大学
  • 1999 - 2002 秋田県立大館鳳鳴高等学校 理数科
学位 (2件):
  • 学士(医学) (筑波大学)
  • 博士(医学) (筑波大学)
経歴 (6件):
  • 2021/06 - 現在 筑波大学 医学医療系整形外科 講師
  • 2018/05 - 現在 筑波大学附属病院 リハビリテーション部 病院助教
  • 2019/04 - 2021/05 筑波大学附属病院 リハビリテーション部 病院講師
  • 2017/11 - 2018/04 筑波大学医学医療系整形外科 運動器再生医療学寄付講座 助教
  • 2010/04 - 2015/03 筑波大学整形外科 専修医
全件表示
受賞 (3件):
  • 2020/10 - 第29回脊椎インストルゥメンテーション学会 小野村敏信Presentation Award 最優秀口演賞
  • 2019/11 - 第28会日本脊椎インストゥルメンテーション学会 小野村敏信Presentation Award 最優秀口演賞
  • 2019/04 - 日本脊椎脊髄病学会 第14回Asia Traveling Fellowship Program
所属学会 (9件):
Asia Pacific Orthopaedic Association ,  Asia Pacific Spine Society ,  関東整形災害外科学会 ,  Cervical Spine Research Society ,  日本成人脊柱変形学会 ,  日本脊髄障害医学会 ,  日本脊椎インストゥルメンテーション学会 ,  日本脊椎脊髄病学会 ,  日本整形外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る