研究者
J-GLOBAL ID:201801016607064166   更新日: 2021年10月24日

田村 明弘

TAMURA AKIHIRO
所属機関・部署:
職名: 博士研究員
研究分野 (1件): 固体地球科学
論文 (121件):
  • Keita Itano, Tomoaki Morishita, Ikuya Nishio, Juan Miguel Guotana, Yohei Ogusu, Osamu Ishizuka, Akihiro Tamura. Petrogenesis of amphibole-rich ultramafic rocks in the Hida metamorphic complex, Japan: Its role in arc crust differentiation. Lithos. 2021. 404-405
  • Romain Tilhac, Tomoaki Morishita, Natsumi Hanaue, Akihiro Tamura, Juan Miguel Guotana. Systematic LREE enrichment of mantle harzburgites: The petrogenesis of San Carlos xenoliths revisited. Lithos. 2021. 396-397
  • Betchaida D. Payot, Satoko Ishimaru, Akihiro Tamura, Carla B. Dimalanta, Graciano P. Yumul, Shoji Arai. Remarkably fresh abyssal peridotites from Sibuyan island, Romblon Island Group, Philippines: Markers of young arc-continent collision. Journal of Asian Earth Sciences: X. 2021. 5
  • Ahmad Jamshidzaei, Ghodrat Torabi, Tomoaki Morishita, Akihiro Tamura. Eocene dike swarm and felsic stock in Central Iran: Roles of metasomatized mantle wedge and Neo-Tethyan slab. Journal of Geodynamics. 2021. 145
  • Shoji Arai, Chihiro Hoshikawa, Makoto Miura, Jun ichi Ando, Satoko Ishimaru, Nobutatsu Mochizuki, Akihiro Tamura. Dehydrogenation of deep-seated hydrous olivine in “black-colored” dunites of arc origin. Lithos. 2021. 384-385
もっと見る
MISC (53件):
  • 梶田侑弥, 末岡茂, 福田将眞, 長谷部徳子, 田村明弘, 森下知晃, BARRY Kohn, 田上高広. 熱年代学を用いた北上・阿武隈山地における熱史と削剥史の推定. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2020. 2020
  • 福田将眞, 福田将眞, 末岡茂, 長谷部徳子, 田村明弘, 森下知晃, 田上高広. 東北日本弧北部における白亜紀花崗岩類のAFT熱年代学:熱史逆解析に基づく熱史・削剥史の推定. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2020. 2020
  • 梶田侑弥, 福田将眞, 末岡茂, 長谷部徳子, 田村明弘, 森下知晃, KOHN Barry P., 田上高広. 熱年代学を用いた北上山地の隆起・削剥史の推定. フィッション・トラックニュースレター. 2020. 32/33
  • 小林侑生, 末岡茂, 福田将眞, 長谷部徳子, 田村明弘, 森下知晃, 田上高広. 低温領域の熱年代学的手法に基づく南部フォッサマグナ地域の山地の隆起・削剥史解明. フィッション・トラックニュースレター. 2020. 32/33
  • 小林侑生, 末岡茂, 福田将眞, 長谷部徳子, 田村明弘, 森下知晃, 田上高広. 伊豆弧の衝突と南部フォッサマグナ地域の山地形成:低温領域の熱年代学による知見. フィッション・トラックニュースレター. 2020. 32/33
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る