研究者
J-GLOBAL ID:201801016636199135   更新日: 2020年10月12日

古賀 慎太郎

Koga Shintaro
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (2件): 細胞生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (5件): 細胞分化 ,  細胞培養 ,  骨芽細胞 ,  破骨細胞 ,  骨代謝
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 再生医療に用いる間葉系幹細胞生産性向上のため、AIによる細胞品質管理技術・培養環境制御技術・濃縮技術を活用した完全閉鎖系自動培養装置の開発
  • 2019 - 2022 日本初の機能性表示食品制度に適合した高機能性プラセンタエキスの開発
  • 2017 - 2018 骨代謝細胞の新規低酸素・閉鎖系培養技術の確立
  • 2015 - 2017 女性用の新規育毛製品の研究開発
  • 2014 - 2015 健康食品用ブタ由来高機能性プラセンタエキス粉末の試作開発
全件表示
論文 (8件):
MISC (1件):
  • 小川 拓哉, 酒井 俊樹, 古賀 慎太郎. 細胞外L-セリンは破骨細胞分化におけるRANKL-RANKシグナル伝達系活性化に必須である (第3回[日本アミノ酸学会]学術大会(JSAAS2009)). アミノ酸研究. 2009. 3. 1. 63-65
特許 (4件):
書籍 (1件):
  • 日本臨牀:増刊 新時代の骨粗鬆症学 65巻 増刊号9
    日本臨牀社 2007
講演・口頭発表等 (12件):
  • 高機能性化粧品・健康食品原料(プラセンタ製品)の開発
    (福岡県工業技術センタークラブ 先端技術シンポジウム 2017)
  • Cell Proliferation and Osteoblastogenesis of MC3T3 Cells and hMSCs on Metal Oxide Ceramics in vitro.
    (JAACT2012 2012)
  • Transient Gene Expression and Cytokine Production by Lipid-based Gene Delivery Optimized for HEK293 and CHO Cells.
    (JAACT2012 2012)
  • 金属酸化物セラミックスが細胞接着や骨芽細胞分化に及ぼす影響の評価
    (第33回日本バイオマテリアル学会大会 2011)
  • Efficient Gene Delivery and Protein Expression by Lipidic Materials Totally-designed for CHO Cells
    (JAACT2010 2010)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2000 - 2005 奈良先端科学技術大学院大学
  • 1996 - 2000 東京大学
学位 (1件):
  • 博士(バイオサイエンス) (奈良先端科学技術大学院大学)
経歴 (2件):
  • 2007/04 - 現在 福岡県工業技術センター 生物食品研究所 研究員
  • 2005/04 - 2007/03 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 ポスドク
受賞 (2件):
  • 2006 - Eleventh and Valedictory Workshop on Cell Biology of Bone and Cartilage in Health and Disease Award winning poster Association of c-SRC and adhesion and degranulation-promoting adaptor protein (ADAP) in osteoclastogenesis in vitro.
  • 2005/07 - 第23回日本骨代謝学会年会 優秀ポスター賞 破骨細胞分化過程においてc-SrcはADAPと会合し、その機能を制御する
所属学会 (1件):
日本骨代謝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る