研究者
J-GLOBAL ID:201801016646986372   更新日: 2022年06月30日

祖父江 顕

ソブエ アキラ | Sobue Akira
所属機関・部署:
職名: 特任助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 名古屋大学  環境医学研究所 附属MIRAIC-未来の医学研究センター   特任助教
  • 名古屋大学  大学院医学系研究科   特任助教
研究分野 (1件): 病態神経科学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2024 タンパク質の構造生物学に基づいた筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と治療法開発
  • 2020 - 2023 グリア細胞を標的としたアルツハイマー病の新規治療候補分子探索とその機能解析
  • 2022 - 2023 ミクログリアを標的としたアルツハイマー病治療標的探索と全身・脳連関機構の解明
  • 2018 - 2020 ミクログリアによる神経炎症に着目したアルツハイマー病の分子病態解明とその制御
論文 (19件):
  • Shohei Sakai, Seiji Watanabe, Okiru Komine, Akira Sobue, Koji Yamanaka. Novel reporters of mitochondria-associated membranes (MAM), MAMtrackers, demonstrate MAM disruption as a common pathological feature in amyotrophic lateral sclerosis. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2021. 35. 7. e21688
  • Kazuhiro Hada, Bolati Wulaer, Taku Nagai, Norimichi Itoh, Masahito Sawahata, Akira Sobue, Hiroyuki Mizoguchi, Daisuke Mori, Itaru Kushima, Toshitaka Nabeshima, et al. Mice carrying a schizophrenia-associated mutation of the Arhgap10 gene are vulnerable to the effects of methamphetamine treatment on cognitive function: association with morphological abnormalities in striatal neurons. Molecular brain. 2021. 14. 1. 21-21
  • Akira Sobue, Okiru Komine, Yuichiro Hara, Fumito Endo, Hiroyuki Mizoguchi, Seiji Watanabe, Shigeo Murayama, Takashi Saito, Takaomi C Saido, Naruhiko Sahara, et al. Microglial gene signature reveals loss of homeostatic microglia associated with neurodegeneration of Alzheimer's disease. Acta neuropathologica communications. 2021. 9. 1. 1-1
  • Yumi Tsuneura, Masahito Sawahata, Norimichi Itoh, Ryoya Miyajima, Daisuke Mori, Takao Kohno, Mitsuharu Hattori, Akira Sobue, Taku Nagai, Hiroyuki Mizoguchi, et al. Analysis of Reelin signaling and neurodevelopmental trajectory in primary cultured cortical neurons with RELN deletion identified in schizophrenia. Neurochemistry international. 2020. 144. 104954-104954
  • Bolati Wulaer, Kazuhiro Hada, Akira Sobue, Norimichi Itoh, Toshitaka Nabeshima, Taku Nagai, Kiyofumi Yamada. Overexpression of astroglial major histocompatibility complex class I in the medial prefrontal cortex impairs visual discrimination learning in mice. Molecular brain. 2020. 13. 1. 170-170
もっと見る
MISC (23件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • アルツハイマー病モデルマウスにおいてミクログリアの生理機能低下は病態進行に相関する
    (第44回日本神経科学大会 2021)
  • ミクログリアのカンナビノイド受容体2型を介したアルツハイマー病における神経炎症調節機構について
    (第139回日本薬理学会近畿部会 2021)
  • ADにおけるミクログリアのカンナビノイド受容体2型を介した神経炎症調節機構について
    (第39回日本認知症学会学術集会 2020)
  • ミクログリアのカンナビノイド 受容体2型を標的としたアルツハイマー病治療法開発
    (第1回脳科学サロン 2020)
  • Cannabinoid receptor type II in microglia as a therapeutic target for Alzheimer's disease
    (第43回日本神経科学大会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2018 名古屋大学
  • - 2014 大阪薬科大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (名古屋大学)
経歴 (1件):
  • 2018/04/01 - 現在 名古屋大学 環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 特任助教
受賞 (4件):
  • 2020/11/27 - 日本認知症学会 第39回日本認知症学会 学会奨励賞
  • 2017/04/29 - 日本神経精神薬理学会 JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP 2017 Bali
  • 2017/02/11 - 名古屋大学 優秀発表賞
  • 2016/08/06 - 応用薬理研究会 優秀演題賞
所属学会 (5件):
日本認知症学会 ,  The International Behavioral Neuroscience Society ,  日本神経科学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る