研究者
J-GLOBAL ID:201801016646986372   更新日: 2020年09月01日

祖父江 顕

ソブエ アキラ | Sobue Akira
所属機関・部署:
職名: 特任助教
研究分野 (1件): 病態神経科学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2024 タンパク質の構造生物学に基づいた筋萎縮性側索硬化症の分子病態解明と治療法開発
  • 2020 - 2023 グリア細胞を標的としたアルツハイマー病の新規治療候補分子探索とその機能解析
  • 2018 - 2020 ミクログリアによる神経炎症に着目したアルツハイマー病の分子病態解明とその制御
論文 (9件):
  • Mariko Sekiguchi, Akira Sobue, Itaru Kushima, Chenyao Wang, Yuko Arioka, Hidekazu Kato, Akiko Kodama, Hisako Kubo, Norimichi Ito, Masahito Sawahata, et al. ARHGAP10, which encodes Rho GTPase-activating protein 10, is a novel gene for schizophrenia risk. Translational psychiatry. 2020. 10. 1. 247-247
  • Masahito Sawahata, Daisuke Mori, Yuko Arioka, Hisako Kubo, Itaru Kushima, Kanako Kitagawa, Akira Sobue, Emiko Shishido, Mariko Sekiguchi, Akiko Kodama, et al. Generation and analysis of novel Reln-deleted mouse model corresponding to exonic Reln deletion in schizophrenia. Psychiatry and clinical neurosciences. 2020. 74. 5. 318-327
  • Yuka Nakazawa, Yuichiro Hara, Yasuyoshi Oka, Okiru Komine, Diana van den Heuvel, Chaowan Guo, Yasukazu Daigaku, Mayu Isono, Yuxi He, Mayuko Shimada, et al. Ubiquitination of DNA Damage-Stalled RNAPII Promotes Transcription-Coupled Repair. Cell. 2020. 180. 6. 1228-1244
  • Seiji Watanabe, Kotaro Oiwa, Yuri Murata, Okiru Komine, Akira Sobue, Fumito Endo, Eiki Takahashi, Koji Yamanaka. ALS-linked TDP-43M337V knock-in mice exhibit splicing deregulation without neurodegeneration. Molecular brain. 2020. 13. 1. 8-8
  • Wulaer B, Nagai T, Sobue A, Itoh N, Kuroda K, Kaibuchi K, Nabeshima T, Yamada K. Repetitive and compulsive-like behaviors lead to cognitive dysfunction in Disc1 Δ2-3/Δ2-3mice. Genes, Brain and Behavior. 2018. 17. 8. e12478
もっと見る
MISC (18件):
  • 祖父江顕, 山中宏二. 神経変性疾患におけるミクログリア. 特徴と治療標的としての展望. 医学のあゆみ. 2020. 273. 10. 975-979
  • 祖父江 顕, 小峯 起, 遠藤 史人, 村山 繁雄, 斉藤 貴志, 西道 隆臣, 山中 宏二. アルツハイマー病患者とAppNL-G-Fマウスにおける神経炎症関連遺伝子解析. Dementia Japan. 2019. 33. 4. 550-550
  • 祖父江 顕, 永井 拓, 山田 清文. 【ストレス(モデル)と分子】末梢性免疫炎症反応に伴うアストロサイトにおけるMHC Class I分子の発現誘導が脳機能に及ぼす影響. ストレス科学. 2019. 33. 3. 233-241
  • 永井 拓, 祖父江 顕, 久島 周, 尾崎 紀夫, 山田 清文. 神経精神疾患の病態メカニズムに基づく新たな治療分子標的 統合失調症患者から同定されたReelin遺伝子変異の病態生理学的意義. 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集. 2018. 28回・48回. 131-131
  • 永井 拓, 祖父江 顕, 山田 清文. ストレス(モデル)と分子 自然免疫系の過剰な活性化はアストロサイト由来主要組織適合抗原I型を介して異常行動を引き起こす. ストレス科学. 2018. 33. 2. 132-132
もっと見る
講演・口頭発表等 (23件):
  • アルツハイマー病患者脳とAPP- KIマウス由来ミクログリアにおける遺伝子発現解析
    (第42回日本神経科学大会第62回日本神経化学会大会 2019)
  • Profiling of gene expression in Alzheimer's disease patients and APP-KI mouse model demonstrates a link between amyloid pathology and microglial phenotype
    (第 11 回 NAGOYA グローバルリトリート 2019)
  • 早期アルツハイマー病理を呈する患者脳における神経炎症関連遺伝子発現解析
    (第37回日本認知症学会学術集会 2018)
  • 免疫活性化に伴いアストロサイトに誘導されるMHCIの病態生理学的役割
    (第41回日本神経科学大会 2018)
  • The pathophysiological role of astroglial MHCI following immune activation
    (第 10 回 NAGOYA グローバルリトリート 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2018 名古屋大学
  • - 2014 大阪薬科大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (名古屋大学)
経歴 (1件):
  • 2018/04/01 - 現在 名古屋大学 環境医学研究所 ストレス受容・応答研究部門 特任助教
受賞 (3件):
  • 2017/04/29 - 日本神経精神薬理学会 JSNP Excellent Presentation Award for AsCNP 2017 Bali
  • 2017/02/11 - 名古屋大学 優秀発表賞
  • 2016/08/06 - 応用薬理研究会 優秀演題賞
所属学会 (5件):
日本認知症学会 ,  The International Behavioral Neuroscience Society ,  日本神経科学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る