研究者
J-GLOBAL ID:201801016695931370   更新日: 2020年01月10日

市川 司

イチカワ ツカサ | ichikawa tsukasa
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 高分子化学 ,  高分子・繊維材料
論文 (7件):
  • Ibuki Nishizawa, Hiroki Ajito, Yuzuki Gonmori, Ryuzi Katoh, Tsukasa Ichikawa, Nobukatsu Nemoto. Synthesis and characterization of poly(tetramethylsilarylenesiloxane) derivatives with oligothiophene based moiety. Polymer. 2019. 167. 93-101
  • Shota Shingai, Shun Miyata, Kento Arai, Tsukasa Ichikawa, Izuru Kobayashi, Nobukatsu Nemoto, Masaji Akimoto, Yudai Kitagawa, Kotaro Yoshioka. Influence of Heat Resistance of Precursor in Cathode Catalysts for Polymer Electrolyte Fuel Cell on Oxygen Reduction Activity. Chem. Lett. 2019. 48. 152-155
  • Yoshihiko Kihara, Riho Maeda, Azusa Imaizumi, Tsukasa Ichikawa, Nobukatsu Nemoto, Tsutomu Ishihara, Nobutaka Hirano, Mitsuru Haruki. Alkyne-functionalized cationic polysiloxane polymers conjugated with targeting molecules by click reactions for DNA delivery. J. Nanosci. Nanotech. 2017. 17. 5081-5089
  • Tsukasa Ichikawa, Tsuyoshi Wako, Nobukatsu Nemoto. Synthesis of ionic liquid based on polysiloxane with quaternized imidazolium moiety. Polym. Bull. 2016. 73. 1361-1371
  • Tsukasa Ichikawa, Tsuyoshi Wako, Nobukatsu Nemoto. Synthesis of polysiloxane-based quaternized imidazolium salts with a hydroxy group at the end of alkyl groups. React. Funct. Polym. 2016. 99. 1-8
もっと見る
MISC (1件):
  • 市川 司・春木 満・根本 修克. ポリ(シルアリーレンシロキサン)誘導体を用いたシリコーンゴム創製. 日本ゴム協会誌. 2017. 90. 7. 354-358
書籍 (1件):
  • アダマンタン骨格を有するポリシロキサン誘導体の合成と熱物性(機能性モノマーの選び方・使い方事例集 第4章 7節)
    技術情報協会 2017 ISBN:978-4-86104-664-3
講演・口頭発表等 (41件):
  • 架橋点を有するポリシロキサン系イオン液体の合成とその物性
    (第65回高分子年次大会 2016)
  • ポリシロキサン四級ホスホニウム塩の合成
    (第65回高分子討論会 2016)
  • 蛍光偏光解消法および金コロイドを用いたAmloid-β peptide検出法の開発
    (第59回日本大学工学部学術研究報告会 2016)
  • 細胞内におけるRNase H分解を利用したアクチベータブル蛍光プローブの開発
    (第59回日本大学工学部学術研究報告会 2016)
  • 芳香環上にスルホベタイン基および架橋点を有するポリ(テトラメチルシルアリーレンシロキサン)共重合体の合成
    (第59回日本大学工学部学術研究報告会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2011 日本大学 工学部 物質化学工学科
  • - 2013 日本大学大学院 工学研究科 物質化学工学専攻
  • - 2016 日本大学大学院 工学研究科 物質化学工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (日本大学)
経歴 (2件):
  • 2016/04 - 2018/03 日本大学 博士研究員
  • 2018/04 - 日本大学 助教
所属学会 (2件):
日本MRS ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る