研究者
J-GLOBAL ID:201801016771572210   更新日: 2019年11月06日

濱崎 考史

ハマザキ タカシ | HAMAZAKI Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 小児科学
研究キーワード (2件): 先天代謝 ,  新生児
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2014 - 2018 ムコ多糖症III型の自閉傾向・知的退行と脳内慢性炎症の関与についての研究
  • 2012 - 2016 マイクロペットを用いたメンケス病のキレート剤による治療効果に関する研究
  • 2012 - 2016 iPS細胞を用いた小児神経伝達物質病モデルの創出
  • 2015 - ヒトiPS細胞を用いたファブリー病心病変のメカニズムの解明と治療薬の探索
論文 (81件):
  • Hoshina T, Nozaki S, Hamazaki T, Kudo S, Nakatani Y, Kodama H, Shintaku H, Watanabe Y. Disulfiram enhanced delivery of orally administered copper into the central nervous system in Menkes disease mouse model. Journal of inherited metabolic disease. 2018
  • Tanaka Emi, Ogawa Yuko, Mukai Takeo, Sato Yoshiaki, Hamazaki Takashi, Nagamura-Inoue Tokiko, Harada-Shiba Mariko, Shintaku Haruo, Tsuji Masahiro. Dose-Dependent Effect of Intravenous Administration of Human Umbilical Cord-Derived Mesenchymal Stem Cells in Neonatal Stroke Mice. FRONTIERS IN NEUROLOGY. 2018. 9. 133
  • Okuyama Torayuki, Kosuga Motomichi, Hamazaki Takashi, Shintaku Haruo, Seo Joo-Hyun. Investigator -initiated clinical trial of intra-cerebroventricular enzyme replacement therapy for neuronopathic mucopolysaccharidosis type II. MOLECULAR GENETICS AND METABOLISM. 2018. 123. 2. S109-S109
  • Nabetani M, Shintaku H, Hamazaki T. Future perspectives of cell therapy for neonatal hypoxic-ischemic encephalopathy. Pediatric research. 2018. 83. 1-2. 356-363
  • Fujioka Hiroki, Hamazaki Takashi, Sakaguchi Tomato, Shintaku Haruo. Incidence and prevalence rate of Segawa disease in Japan. EUROPEAN JOURNAL OF PEDIATRICS. 2017. 176. 11. 1535-1535
もっと見る
MISC (17件):
  • 濱崎 考史. 子供たちの健やかな成長のために. 大阪市医学会 大阪市医学会雑誌. 2018. 67. 21-26
  • 濱崎 考史. 【小児疾患の診断治療基準】 (第2部)疾患 先天代謝異常症 フェニルケトン尿症と類縁疾患. (株)東京医学社 小児内科. 2018. 50. 増刊. 154-155
  • 濱崎 考史. 【知っておくべき治療可能な胎児・新生児希少疾患】 先天代謝異常 フェニルアラニン代謝異常症. (株)東京医学社 周産期医学. 2018. 48. 10. 1342-1346
  • 濱崎 考史. 医学部不正入試問題. (一社)大阪小児科医会 大阪小児科医会会報. 2018. 187. 5-6
  • 濱崎 考史. 【ライソゾーム病のすべて】 ムコ多糖症 早期発見のために知っておきたいこと. 医歯薬出版(株) 医学のあゆみ. 2018. 264. 9. 843-849
もっと見る
書籍 (1件):
  • Cell Therapy for Perinatal Brain Injury
    Springer 2018 ISBN:978-981-10-1411-6
講演・口頭発表等 (102件):
  • 小動物用PETを用いたメンケス病モデルマウスでの銅キレート剤投与効果に関する研究
    (日本小児科学会雑誌 2012)
  • 発作間欠型および軽症持続型の学童における臨床症状とFeNOについての検討
    (日本小児アレルギー学会誌 2012)
  • 急激な脳室拡大を来し脳室-腹腔シャント術にて神経症状が改善した酵素補充療法治療中のムコ多糖症II型症例
    (日本先天代謝異常学会雑誌 2012)
  • ムコ多糖症II型の酵素補充療法 抗イズルスルファーゼ抗体の産生と治療効果について
    (日本先天代謝異常学会雑誌 2012)
  • 小動物用PETイメージングによるメンケス病モデルマウスを用いた新規治療法の開発と評価
    (日本周産期・新生児医学会雑誌 2013)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (大阪大学)
経歴 (2件):
  • 2011/07/01 - 2018/03/31 大阪市立大学 准教授
  • 2018/04/01 - 現在 大阪市立大学 教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る