研究者
J-GLOBAL ID:201801016864997734   更新日: 2020年12月11日

那須川 訓也

Nasukawa Kuniya
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (6件): 言語獲得 ,  非時系列音韻論 ,  エレメント理論 ,  音韻的最小単位 ,  併合 ,  音韻構造
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2019 - 2024 OS言語からみた「言語の語順」と「思考の順序」に関するフィールド認知脳科学的研究
  • 2019 - 2024 文末助詞の階層における情動計算不全としての自閉症の言語障害
  • 2019 - 2023 OS言語からみた「言語の語順」と「思考の順序」に関するフィールド言語心理学的研究
  • 2020 - 2022 音韻系における併合操作と階層構造の実在性を探求する研究
  • 2018 - 2020 東アジア言語の文末共感プロソディに関わる神経可塑性:老年実験言語学研究拠点の形成
全件表示
論文 (46件):
  • Nasukawa, Kuniya. Linearisation and stress assignment in Precedence-free Phonology: The case of English. Radical: A Journal of Phonology. 2020. 1. 239-291
  • Nasukawa, Kuniya. Lexicalising phonological structure in morphemes. Acta Linguistica Academica. 2020. 67. 1. 29-38
  • Nasukawa, Kuniya. Representing tones in Precedence-free Phonology. Phonological Externalization, Sapporo University. 2020. 5. 13-24
  • Backley, Phillip & Kuniya Nasukawa. Conditions on the variable interpretation of |U| in Japanese. Variation in Phonology: Special issue of Linguistic Variation, Péter Szigetvári (ed.). 2020. 20. 1. 84-101
  • Kuniya Nasukawa, Phillip Backley. Phonological evidence for segmental structure: Insights from vowel reduction. Phonological Studies (『音韻研究』). 2019. 22. 51-58
もっと見る
MISC (15件):
  • Kuniya Nasukawa. The Prosodic Transfer Hypothesis in the grammar and its treatment of clitics. Linguistic Approaches to Bilingualism: Epistemological issue with keynote article “Prosodic effects on L2 grammars”, Amsterdam: John Benjamins. 2019. 9. 6. 872-877
  • Kuniya Nasukawa. Existing and non-existing accents: the case of intervocalic /t/ in English. 東北学院大学論集. 2019. 103. 13-21
  • Kuniya Nasukawa. A theory of phonological features (Oxford Linguistics). JOURNAL OF LINGUISTICS. 2017. 53. 2. 449-454
  • 那須川訓也, 八杉 佳穂, 小泉 政利. カクチケル語における韻律境界標識と音韻構造. 日本言語学会第145回大会予稿集. 2012. 52-57
  • Hisao Tokizaki, Kuniya Nasukawa. Tone in Chinese: preserving tonal melody in strong positions. Proceedings from the Montreal-Ottawa-Toronto (MOT) Phonology Workshop 2011: Phonology in the 21st Century: In Honour of Glyne Piggott. McGill Working Papers in Linguistics. 2012. 22. 1
もっと見る
書籍 (21件):
  • Kuniya Nasukawa (eds.), Morpheme-internal Recursion in Phonology
    De Gruyter Mouton 2020 ISBN:9781501512582
  • 村野井 仁(編)『コア・カリキュラム準拠 小学校英語教育の基礎知識 』
    大修館書店 2018 ISBN:9784469246186
  • Geoff Lindsey & Andrew Nevins (eds.), Sonic Signatures: Studies dedicated to John Harris (Language Faculty and Beyond 14)
    John Benjamins 2017 ISBN:9789027208316
  • Bridget Samuels (ed.), Beyond Markedness in Formal Phonology (Linguistik Aktuell 241)
    John Benjamins 2017 ISBN:9789027257246
  • 小泉 政利(編)『ここから始まる言語学プラス統計分析』
    共立出版 2016 ISBN:9784320111202
もっと見る
学位 (2件):
  • Ph.D. in Linguistics (言語学博士) (University College London, University of London (英国ロンドン大学 ユニバーシティ・コレッジ・ロンドン校))
  • M.A. in Linguistics (言語学修士) (University College London, University of London (英国ロンドン大学 ユニバーシティ・コレッジ・ロンドン校))
経歴 (3件):
  • 2005/04 - 現在 東北学院大学 文学部英文学科 教授
  • 1998/04 - 2005/03 東北学院大学 文学部英文学科 助教授
  • 1999/09 - 2000/08 英国ロンドン大学UCL大学院 人文学研究科言語学専攻 客員教授
所属学会 (4件):
日本音韻論学会 ,  日本言語学会 ,  GENERATIVE LINGUISTICS IN THE OLD WORLD ,  RESTRICTIVE PHONOLOGY RESEARCH GROUP (RPRG)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る