研究者
J-GLOBAL ID:201801016883227095   更新日: 2020年10月21日

村田 慧

ムラタ ケイ | Kei Murata
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.k-ishiilab.iis.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 (3件): 無機・錯体化学 ,  機能物性化学 ,  有機合成化学
研究キーワード (4件): 光触媒 ,  錯体化学 ,  有機金属化学 ,  光化学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 有機金属フタロシアニン錯体の光線力学的効果に関する研究
  • 2019 - 2022 d8金属錯体の金属-金属間相互作用を利用する光触媒的メタン変換反応の開発
  • 2017 - 2018 新規光線力学的療法への応用を志向した近赤外光駆動型ホルムアルデヒド生成反応の開発
  • 2012 - 2014 太陽光エネルギーを駆動力とする波長応答型重合触媒の開発と高分子構造制御
  • 2011 - 2012 可視光増感メタロポルフィリンユニットを含む遷移金属触媒の開発
全件表示
論文 (17件):
  • Kazuyuki Ishii, Junya Wada, Kei Murata. Direct Observation of the S0 → T2 Transition in Phosphorescent Platinum(II) Octaethylporphyrin, Evidenced by Magnetic Circular Dichroism. The Journal of Physical Chemistry Letters. 2020
  • Kei Murata, Yosuke Koike, Kazuyuki Ishii. Novel method for preparing stable near-infrared absorbers: a new phthalocyanine family based on rhenium(i) complexes. Chemical Communications. 2020
  • Chifeng Li, Noritaka Mizuno, Kei Murata, Kazuyuki Ishii, Tomoyoshi Suenobu, Kazuya Yamaguchi, Kosuke Suzuki. Selectivity switch in the aerobic oxygenation of sulfides photocatalysed by visible-light-responsive decavanadate. Green Chemistry. 2020. 22. 12. 3896-3905
  • 村田 慧. 可視光を利用するカルボキシ化反応. 化学と工業 Chemistry and Chemical Industry. 2019
  • 村田 慧. 光で二酸化炭素の挿入反応を制御する. 月刊化学 Chemistry. 2019
もっと見る
特許 (1件):
学歴 (4件):
  • 2010 - 2013 東京工業大学 博士後期課程修了
  • 2010 - 2011 レンヌ第一大学 研究留学
  • 2008 - 2010 東京工業大学 修士課程修了
  • 2004 - 2008 東京工業大学 化学工学科(応用化学コース)
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (5件):
  • 2016/11 - 現在 東京大学 生産技術研究所 助教
  • 2015/04 - 2016/10 東京工業大学 理学院 特任助教
  • 2014/04 - 2015/03 東京工業大学 理学院 科研費研究員
  • 2013/04 - 2014/03 ユリウス・マクシミリアン大学ヴュルツブルク 博士研究員(日本学術振興会 特別研究員 PD)
  • 2012/04 - 2013/03 日本学術振興会 特別研究員 DC2
受賞 (1件):
  • 2017 - 東京大学 生産技術研究所 弥生賞(最優秀)
所属学会 (5件):
日本化学会 ,  有機合成化学協会 ,  錯体化学会 ,  光化学協会 ,  複合系の光機能研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る