研究者
J-GLOBAL ID:201801016901028720   更新日: 2021年10月14日

森口 哲朗

モリグチ テツアキ | Moriguchi Tetsuaki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (3件): 量子ビーム科学 ,  放射線科学 ,  素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
研究キーワード (6件): 核医学、PET、15Oガス ,  タンデム型静電加速器、放射線管理 ,  偏極イオン源、核磁気モーメント ,  不安定原子核、反応断面積、核子密度分布、核半径、質量測定 ,  タンデム型静電加速器 ,  不安定原子核、反応断面積、核子密度分布、核半径
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2024 中性子星の構造解明に向けた重い中性子過剰核のスキン厚測定
  • 2019 - 2020 中性子星の構造解明に向けた不安定核のスキン厚導出手法の開発
  • 2016 - 2019 スキン構造理解のための不安定原子核の陽子及び中性子密度分布の研究
  • 2017 - 2017 UTTACにおけるLambシフト型偏極イオン源の再構築と研究開発
  • 2013 - 2016 脳虚血性病態理解のための非侵襲的小動物O-15ガスPET検査システムの構築
全件表示
論文 (103件):
  • Masumoto, K, Matsumura, H, Miura, T, Yoshida, G, Toyoda, A, Nakamura, H, Bessho, K, Nakabayashi, T, Nobuhara, F, Sasa, Kimikazu, et al. Evaluation of activated area in the electrostatic accelerator facilities. Radiation Protection. 2021. 41. 2. 145-150
  • Yoshida, Go, Matsumura, Hiroshi, Nakamura, Hajime, Toyoda, Akihiro, Masumoto, Kazuyoshi, Miura, Taichi, Sasa, Kimikazu, Moriguchi, Tetsuaki. Survey Methodology for the Activation of Beamline Components in an Electrostatic Proton Accelerator. Radiation Safety Management. 2021. 20. 1-8
  • Nagae, D, Abe, Y, Okada, S, Omika, S, Wakayama, K, Hosoi, S, Suzuki, S, Moriguchi, Tetsuaki, Amano, M, Kamioka, D, et al. Development and operation of an electrostatic time-of-flight detector for the Rare RI storage Ring. Nuclear Instruments and Methods In Physics Research A. 2021. 986. 164713
  • Naimi, S, H.F.Li, Abe, Y, Yamaguchi, Y, Nagae, D, Suzaki, F, Wakasugi, M, Arakawa, H, Dou, W, Hamakawa, D, et al. Experimental Challenges of the First Mass Measurement Campaign at the Rare-RI Ring. Journal of Physics: Conference Series (JPCS). 2020. 1643. 012058
  • Moriguchi, Tetsuaki, Amano, M, Ozawa, A, Horiuchi, W, Horiuchi, W, Fujii, T, Kagesawa, R, Kamioka, D, Kitagawa, A, Mukai, M, et al. Measurements of total reaction cross sections for 17Ne using a solid hydrogen target. Journal of Physics: Conference Series (JPCS). 2020. 1643. 012099
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • Energy dependence of reaction cross section for 17Ne on proton target
    (The International Nuclear Physics Conference (INPC) 2019 2019)
  • 固体水素標的を用いた不安定核のスキン厚導出手法の開発
    (H30年度HIMAC共同利用研究成果発表会 2019)
  • 筑波大学6MVタンデム加速器施設における偏極陽子ビームを用いた核モーメントの測定
    (第10回 停止・低速RIビームを用いた核分光研究会 2019)
  • 固体水素標的を用いた17Neの反応断面積測定
    (日本物理学会第74回年次大会 2019)
  • Reaction cross-section measurement with a proton target
    (The workshop on "Proton and Neutron Densities and Radii in Nuclei and Related Topics" 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (筑波大学数理物質科学研究科物理学専攻)
経歴 (2件):
  • 2014/10 - 現在 筑波大学 数理物質系 研究基盤総合センター応用加速器部門 助教
  • 2011/10 - 2014/09 国立循環器病研究センター研究所 画像診断医学部 流動研究員
委員歴 (2件):
  • 2017/08 - 2018/03 高エネルギー加速器研究機構 「加速器施設に対するクリアランス制度運用のための研究委員会」委員
  • 2017/04 - 2018/03 原子核談話会 原子核談話会事務局
所属学会 (4件):
日本物理学会 ,  日本核医学会 ,  日本アイソトープ協会 ,  日本放射線安全管理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る