研究者
J-GLOBAL ID:201801016978092200   更新日: 2021年03月08日

岡部 芳広

OKABE Yoshihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教育学
論文 (15件):
  • 岡部芳広. 台湾の子どもたちを、「日本人」にしようとした音楽の教科書ー台湾総督府発行国民学校芸能科音楽教科書の分析からー. 『日本の植民地教育を問うー植民地教科書には何が描かれていたのかー』. 2020. 44-64
  • 岡部芳広. 戦後における台湾植民地教育史研究. 日本植民地教育史研究年報. 2020. 22. 51-68
  • 岡部芳広. 台北第一師範学校附属小学校の音楽鑑賞教育-『標準唱歌学習帖』と『唱歌科教授提要』を通して見る理念と教材-. 子ども教育研究. 2017. 9. 53-62
  • 岡部 芳広. 昭和初期における台北第一師範学校附属小学校の唱歌教育 : 『標準唱歌学習帖』と『唱歌科教授提要』に見る教材観と指導法. お茶の水音楽論集. 2016. 18. 45-56
  • 岡部芳広. 1945年を境とした台湾の初等音楽教育の連続・非連続 ー教科書から見えるものー. 平成23〜25年度科学研究費補助金(基盤研究(B)一般)課題番号23330244「旧外地の学校に関する研究-1945年を境とする連続・非連続- 」、成果報告書. 2014
もっと見る
MISC (6件):
  • 岡部 芳広, オカベ ヨシヒロ, Okabe Yoshihiro. 童謡運動に学ぶ. 子ども教育研究. 2014. 6
  • 岡部 芳広. 研究発表要旨 石垣島における台湾移民の音楽行動 : 琉球華僑総会八重山分会婦人部の活動を通して (第26回大会報告「都市における民俗芸能の新たな展開」(2012東京)). 民俗音楽研究. 2013. 38. 55-57
  • 岡部 芳広. 台湾、歌の風景「おまつり日」 (1930年代日本植民地の諸相). 植民地教育史研究年報. 2012. 15. 152-155
  • 岡部 芳広. 図書紹介 酒井亨著『「親日」台湾の幻想 : 現地で見聞きした真の日本観』 (1930年代日本植民地の諸相). 植民地教育史研究年報. 2012. 15. 225-229
  • 岡部 芳広. 図書紹介 王徳威著『叙事詩の時代の抒情 江文也の音楽と詩作』 (植民地・こども・「新教育」). 植民地教育史研究年報. 2011. 14. 255-258
もっと見る
講演・口頭発表等 (3件):
  • シンポジウム「民俗音楽の多様性-在日朝鮮人と華僑華人の民俗音楽-」におけるコメント
    (日本民俗音楽学会第33回埼玉大会 2019)
  • 「戦後における台湾植民地教育史研究」
    (日本植民地教育史研究会第22回研究大会(名古屋市市政会館)シンポジウム「戦後台湾の政治・文学と植民地認識」 2019)
  • シンポジウム 「民俗音楽研究の過去・現在・未来 : 学会の30年の歩みと今後の課題」 司会
    (2016)
学位 (2件):
  • 博士(学術) (神戸大学)
  • 修士(教育学) (神戸大学)
経歴 (6件):
  • 2015/04 - 現在 相模女子大学 学芸学部 教授
  • 2008/04 - 現在 お茶の水女子大学文教育学部 非常勤講師
  • 2010/04 - 2015/03 相模女子大学 学芸学部 准教授
  • 1995/04 - 2010/03 東京都立高等学校 教諭
  • 1994/10 - 1995/03 相愛大学音楽学部 非常勤講師
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る