研究者
J-GLOBAL ID:201801017083218213   更新日: 2021年10月24日

秋山 祐樹

アキヤマ ユウキ | AKIYAMA Yuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://akiyama-lab.jp/yuki/
研究分野 (6件): 建築計画、都市計画 ,  土木計画学、交通工学 ,  安全工学 ,  社会システム工学 ,  地理学 ,  統計科学
研究キーワード (13件): 交通工学 ,  地理情報システム ,  GIS ,  機械学習 ,  EBPM (Evidence Based Policy Making) ,  空き家 ,  地域経済分析 ,  人の流れ ,  防災 ,  都市解析 ,  マイクロジオデータ ,  ビッグデータ ,  空間情報科学
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2024 開発途上国における衛星画像を用いた深層学習によるマイクロ人口統計の実現
  • 2018 - 2022 地域の全体最適を目指した減災ケアの可視化とツールの開発
  • 2017 - 2021 ビックデータを活用した居住地域縮退と災害安全度向上を両立する立地適正化モデル開発
  • 2018 - 2020 ドローンで収集する熱赤外画像を用いた都市ヒートアイランド現象の超高精細な空間分析
  • 2018 - 2020 マイクロジオデータを用いた家賃形成メカニズムの解明
全件表示
論文 (64件):
  • Yuki AKIYAMA, Hiroki BABA, Yoshiya ONO, Hideo TAKAOKA. SOPHISTICATION OF MONITORING METHOD FOR SPATIAL DISTRIBUTION OF VACANT HOUSES USING MACHINE LEARNING. Journal of Architecture and Planning (Transactions of AIJ). 2021. 86. 786. 2136-2146
  • Damage Assessment of Floods for Broad Urban Areas Based on Insurance Payment Information Using Geo Big Data. 2021. 15-1
  • ChengHe Guan, Jihoon Song, Michael Keith, Bo Zhang, Yuki Akiyama, Liangjun Da, Ryosuke Shibasaki, Taisei Sato. Seasonal variations of park visitor volume and park service area in Tokyo: A mixed-method approach combining big data and field observations. Urban Forestry & Urban Greening. 2021. 58. 126973-126973
  • Kotaro Iizuka, Takuro Ogura, Yuki Akiyama, Hiroyuki Yamauchi, Takeshi Hashimoto, Yudai Yamada. Improving the 3D model accuracy with a post-processing kinematic (PPK) method for UAS surveys. Geocarto International. 2021. 1-21
  • 上山智士, 秋山祐樹. 移動体データ可視化・分析ツール"Mobmap"の紹介. GIS-理論と応用-. 2020. 28. 2. 141-142
もっと見る
MISC (155件):
書籍 (4件):
  • Japan’s Population Implosion
    Springer Nature 2017
  • 空き家発生・分布メカニズムの解明に関する調査研究
    国土交通省国土交通政策研究所 2017
  • Disaster Resilient Cities -Concepts and Practical Examples-
    Butterworth-Heinemann 2016
  • レジリエンスと地域創生
    明石書店 2015
講演・口頭発表等 (111件):
  • 空間ビッグデータの活用とその将来~ビッグデータ+AIによる建築・都市計画のための調査分析の可能性~
    (日本建築学会 建築計画委員会「秋の建築計画祭り:これからの「建築・都市計画のための調査・分析方法」- AI・IoT・ビッグデータでなにが変わるのか-」 2020)
  • 3.災害とGIS 地理空間情報の災害活用事例を通じて
    (次世代基盤政策研究所(NFI) 緊急シンポジウム ポストコロナ時代の災害に次世代基盤政策が果たす役割とは 2020)
  • 国・自治体の EBPM を支えるマイクロジオデータ分析・可視化の力
    (スマート IoT 推進フォーラム テストベッド分科会 データ分析・可視化ワークショップ 2020)
  • ビッグデータの活用とその将来性~マイクロジオデータがもたらす新しい世界~
    (奈良県統計分析課 ビッグデータ活用勉強会 2020)
  • Development of Micro Population Data for Each Building: Case Study in Tokyo and Bangkok
    (2019 First International Conference on Smart Technology and Urban Development (STUD) 2019)
もっと見る
Works (2件):
  • マイクロジオデータ 世帯単位属性推定データシリーズ「世帯単位属性推定データシリーズ 人口統計パッケージ」
    株式会社マイクロベース 2014 - 現在
  • 商業集積統計
    マイクロジオデータ研究会 2012 - 現在
学位 (1件):
  • 東京大学
経歴 (11件):
  • 2021/04 - 現在 東京大学 地球観測データ統融合連携研究機構 特任准教授
  • 2020/11 - 現在 東京大学 空間情報科学研究センター 特任准教授
  • 2020/04 - 現在 東京都市大学 建築都市デザイン学部 / 大学院総合理工学研究科 准教授
  • 2020/04 - 現在 東京大学 空間情報科学研究センター 客員研究員
  • 2016/06 - 2020/03 国土交通省 国土交通政策研究所 客員研究官
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2020/07 - 現在 国土交通省土地・建設産業局不動産市場整備課「地域の不動産市場動向把握のための面的データ等活用手法検討委員会」 委員
  • 2017/11 - 現在 超スマート自治体連携研究協議会(ビッグデータを活用した地域課題の見える化及び政策決定の変容にかかる連携研究協議会) 会長
  • 2015 - 現在 地理情報システム学会 若手分科会委員
  • 2011/08 - 現在 マイクロジオデータ研究会 会長
  • 2019/09 - 2020/03 地域の不動産市場の面的把握ワーキンググループ 委員
全件表示
受賞 (29件):
  • 2020/11 - 東京大学空間情報科学研究センター CSIS DAYS 2020 優秀共同研究発表賞 モバイルビッグデータを活用した新型コロナウイルス禍による人の動きへの影響の分析
  • 2020/05 - 地理空間学会 学会賞(奨励賞)
  • 2020/03 - 総務省 ICT地域活性化大賞2020奨励賞
  • 2019/12 - STUD2019 Outstanding Paper Award
  • 2019/11 - 東京大学空間情報科学研究センター CSIS DAYS 2019 優秀共同研究発表賞 時間別街の賑わいと家賃形成との関係に関する研究
全件表示
所属学会 (8件):
地理空間学会 ,  日本地理学会 ,  交通工学研究会 ,  日本写真測量学会 ,  日本都市計画学会 ,  日本建築学会 ,  土木学会 ,  地理情報システム学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る