研究者
J-GLOBAL ID:201801017125684287   更新日: 2021年10月18日

野口 義紘

ノグチ ヨシヒロ | Noguchi Yoshihiro
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://loop.frontiersin.org/people/442389/overview
研究キーワード (10件): 医薬品相互作用 ,  リアルワールドデータ ,  計算毒性学 ,  医療統計学 ,  医薬品情報学 ,  ケモインフォマティクス ,  バイオインフォマティクス ,  薬剤疫学 ,  医薬品安全性監視 ,  レギュラトリーサイエンス
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2020 - 2023 行動変容を促す医薬品教育プログラムの構築および有効性評価
  • 2019 - 2023 薬剤師による遠隔健康サポートプログラムの構築および有効性・実用性の検証
  • 2019 - 2023 計算科学に基づくデータマイニングを活用したエビデンスの高い有害事象シグナルの創出
  • 2019 - 2020 薬剤疫学データと薬物応答遺伝子発現プロファイルを活用した薬剤有害事象の探索法の構築
  • 2018 - 2019 医療ビッグデータを用いた生体リズムと薬剤性有害事象との関連性についての研究
全件表示
論文 (92件):
  • Noguchi Y, Yoshizawa S, Aoyama K, Kubo S, Tachi T, Teramachi H. Verification of the "Upward Variation in the Reporting Odds Ratio Scores" to Detect the Signals of Drug-Drug Interactions. Pharmaceutics. 2021. 13. 10. 1531
  • 林剛, 舘知也, 野口義紘, 杉岡まゆ子, 青山智, 田中和秀, 安田昌宏, 後藤千寿, 山田浩司, 水井貴詞, et al. ナトリウム・グルコース共輸送体-2(SGLT2)阻害薬に関するリスク管理計画におけるリスク最小化活動の評価-国内自発報告データベースおよび実臨床データを用いた解析-. 医療薬学. 2021. 47. 9. 464-476
  • Noguchi Y, Tachi T, Teramachi H. Detection algorithms and attentive points of safety signal using spontaneous reporting systems as a clinical data source. Briefings in Bioinformatics. 2021. (Online)
  • 井口和弘, 山下修司, 玉木啓文, 野口義紘, 長内理大, 伊野陽子, 寺町ひとみ. オンラインで実施した薬剤師対象のリカレント講座における受講者満足度に関する調査. 日本地域薬局薬学会誌. 2021. 9. 1. 21-26
  • Suzuki K, Fujii H, Yamauchi T, Kato-Hayashi H, Ishihara M, Iihara H, Hirose C, Nishida S, Funato M, Kobayashi R, et al. Questionnaire survey to identify meal habits which influence adherence to oral 5-aminosalicylic acid regimens in patients with ulcerative colitis. Journal of Pharmacy Practice and Research. 2021. (Early View)
もっと見る
講演・口頭発表等 (165件):
  • 保険薬局においてチェックシートを利用し抗がん剤電話フォローを行った一例
    (第31回日本医療薬学会年会(Web開催) 2021)
  • ステロイド性骨粗鬆症予防に対する薬物療法の実態と特徴
    (第31回日本医療薬学会年会(Web開催) 2021)
  • オンラインで実施した岐阜薬科大学附属薬局リカレント講座の受講者満足度調査
    (第54回日本薬剤師会学術大会 2021)
  • 岐阜薬科大学附属薬局における「SGLT2阻害薬の適正使用に関するRecommendation」をふまえた服薬指導の現状調査
    (第9回日本くすりと糖尿病学会学術集会 2021)
  • 抗てんかん薬の単剤および併用療法における重篤な皮膚障害のシグナル探索
    (第23回日本医薬品情報学会総会・学術大会(Web開催) 2021)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(薬科学) (岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科)
経歴 (4件):
  • 2021/04 - 現在 岐阜薬科大学 病院薬学研究室 講師
  • 2013/06 - 現在 岐阜薬科大学附属薬局 薬剤師
  • 2013/06 - 2021/03 岐阜薬科大学 病院薬学研究室 助教
  • - 2013/05 朝日大学歯学部附属村上記念病院 薬局 薬剤師
委員歴 (5件):
  • 2021/02 - 現在 Spandidos Publications Medicine International Editorial board
  • 2020/12 - 現在 MDPI Pharmaceutics Topic Editor
  • 2018/07 - 現在 BMC Pharmacology and Toxicology Associate Editor
  • 2019/01 - 2019/09 日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会 第13回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会大会 実行委員
  • 2011/04 - 2013/03 岐阜県病院薬剤師会 薬学生実務実習委員
受賞 (14件):
  • 2021/06 - 第23回日本医薬品情報学会・学術大会 学生優秀演題
  • 2021/06 - 日本医療薬学会 第4回フレッシャーズ・カンファランス優秀賞
  • 2021/02 - NTT数理システム 2020年度 VM Studio学生研究奨励賞(佳作)
  • 2020/11 - 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2020 ベストプレゼンテーション賞
  • 2019/11 - 日本医療薬学会 第29回日本医療薬学会年会優秀演題賞
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る