研究者
J-GLOBAL ID:201801017139954759   更新日: 2020年09月01日

仲井 達哉

ナカイ タツヤ | Nakai Tatsuya
所属機関・部署:
職名: 専任講師
研究分野 (1件): 社会福祉学
研究キーワード (4件): 神経難病 ,  介護負担 ,  保健医療ソーシャルワーク ,  ソーシャルワーク
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2021 神経難病患者の家族介護者に対する包括的サポートシステムの構築
論文 (12件):
MISC (3件):
  • 倉本 亜優未, 杉山 京, 仲井 達哉, 桐野 匡史, 神部 智司, 広瀬 美千代, 竹本 与志人. 医療機関に求められる機能と役割 認知症者とその家族の願いに関する文献的検討. 日本認知症ケア学会誌. 2019. 18. 1. 169-169
  • 倉本 亜優未, 竹本 与志人, 杉山 京, 仲井 達哉. 認知症者が必要な介護サービスの利用を制限する経済的理由 居宅介護支援事業所の介護支援専門員を対象としたインタビュー調査(1). 日本認知症ケア学会誌. 2017. 16. 1. 198-198
  • 竹本 与志人, 杉山 京, 倉本 亜優未, 仲井 達哉. 介護支援専門員を対象とした認知症者の経済問題に対する支援内容とその展開過程 居宅介護支援事業所の介護支援専門員を対象としたインタビュー調査(2). 日本認知症ケア学会誌. 2017. 16. 1. 280-280
書籍 (3件):
  • 2021社会福祉士国家試験過去問解説集
    中央法規出版株式会社 2020
  • 介護職員実務者研修テキスト【第4版】7 介護に関わるこころとからだ(第8章第1節 生活習慣病の理解,第8章第10節 介護保険制度における特定疾病の概要)
    日本医療企画 2019
  • 多面的視点からのソーシャルワークを考える : 研究と実践をつなぐ新たな整理
    晃洋書房 2016 ISBN:9784771027312
講演・口頭発表等 (6件):
  • The relationship between depression and emotional support by patients' attending physicians among primary caregivers of patients with Parkinson's disease : Focusing on cognitive evaluation of family function
    (5th World Parkinson Congress 2019 2019)
  • パーキンソン病患者の主介護者を対象とした介護継続困難感の関連要因の検討
    (第6回日本難病医療ネットワーク学会学術集会 2018)
  • パーキンソン病患者の主介護者における抑うつと介護継続困難感の関係
    (第15回日本臨床医療福祉学会 2017)
  • パーキンソン病患者の主介護者における医療専門職に対する援助不安と介護負担感との関連
    (第2回 日本難病医療ネットワーク学会 2014)
  • パーキンソン病患者の主介護者における介護負担感と療養継続困難感の関係
    (第62回 日本社会福祉学会秋季大会 2014)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(保健福祉学) (岡山県立大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る