研究者
J-GLOBAL ID:201801017164722471   更新日: 2021年10月21日

谷口 智憲

ヤグチ トモノリ | Tomonori Yaguchi
所属機関・部署:
職名: 特定講師
研究分野 (3件): 免疫学 ,  実験病理学 ,  人体病理学
研究キーワード (1件): 腫瘍免疫学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2018 - 2021 β-カテニン経路を標的にする悪性黒色腫患者の抗腫瘍免疫応答改善法と評価法の開発
  • 2019 - 2020 脂質代謝経路を標的としたがん免疫療法の探索
  • 2015 - 2018 悪性黒色腫の免疫療法耐性細胞分画のマーカー探索、及び耐性機序の解明と克服法の開発
  • 2013 - 2015 EGFR-TKIによる抗腫瘍免疫作用増強を介した新しい治療法の開発
  • 2011 - 2012 悪性黒色腫で特異的に発現するHistatin-1の機能解析、診断、治療への応用
全件表示
論文 (51件):
  • Taeko Hayakawa, Tomonori Yaguchi, Yutaka Kawakami. Enhanced anti-tumor effects of the PD-1 blockade combined with a highly absorptive form of curcumin targeting STAT3. Cancer Science. 2020. 111. 12. 4326-4335
  • Daiki Karigane, Hidenori Kasahara, Kouhei Shiroshita, Shinya Fujita, Hiroshi Kobayashi, Shinpei Tamaki, Rie Yamazaki, Kaori Yahagi, Yoko Yatabe, Naomi Kondoh, et al. Detection of residual disease in chronic myeloid leukemia utilizing genomic next generation sequencing reveals persistence of differentiated Ph+ B cells but not bone marrow stem/progenitors. Leukemia & Lymphoma. 2020. 1-9
  • Eiji Sugihara, Norisato Hashimoto, Satoru Osuka, Takatsune Shimizu, Sayaka Ueno, Shogo Okazaki, Tomonori Yaguchi, Yutaka Kawakami, Kenjiro Kosaki, Taka-Aki Sato, et al. The Inhibitor of Apoptosis Protein Livin Confers Resistance to Fas-Mediated Immune Cytotoxicity in Refractory Lymphoma. Cancer Research. 2020. 80. 20. 4439-4450
  • Akiko Ohno, Takashi Iwata, Yuki Katoh, Shiho Taniguchi, Kohsei Tanaka, Hiroshi Nishio, Masaru Nakamura, Tohru Morisada, Guanliang Chen, Miyuki Saito, et al. Tumor-infiltrating lymphocytes predict survival outcomes in patients with cervical cancer treated with concurrent chemoradiotherapy. Gynecologic oncology. 2020
  • Mio Yamane, Shinri Sato, Eisuke Shimizu, Shinsuke Shibata, Motoshi Hayano, Tomonori Yaguchi, Hajime Kamijuku, Mamoru Ogawa, Takanori Suzuki, Shin Mukai, et al. Senescence-associated secretory phenotype promotes chronic ocular graft-vs-host disease in mice and humans. The FASEB Journal. 2020. 34. 8. 10778-10800
もっと見る
MISC (21件):
  • 坪田 欣也, 谷口 智憲, 後藤 浩, 河上 裕. スタチン系製剤は制御性T細胞を抑制し抗腫瘍免疫応答を増強する. 日本臨床免疫学会会誌. 2017. 40. 4. 313-313
  • 谷口 智憲, 西尾 浩, 杉山 重里, 岩田 卓, 香川 昌紀, 早川 妙香, 坪田 欣也, 藤田 知信, 桜井 敏晴, 河上 裕. Cancer immunotherapy 卵巣明細胞腺癌における、がん免疫療法改善のための、低分子化合物を用いた微小環境の免疫的制御. 日本癌学会総会記事. 2015. 74回. AACR1-2
  • 河上 裕, 川村 直, 南雲 春菜, 宮崎 潤一郎, 坪田 欣也, 木下 智成, 大村 学, 中村 謙太, 谷口 智憲. ヒト腫瘍免疫学とがん免疫療法. 臨床免疫・アレルギー科. 2015. 63. 1. 55-61
  • 中村謙太, 谷口智憲, 大村学, 早川妙香, 川村直, 河上裕. がん免疫療法の進歩【免疫制御技術を併用する複合免疫療法】. 月刊細胞. 2014. 46. 9. 414-417
  • 中村 謙太, 河上 裕, 谷口 智憲, 大村 学, 小林 明日香, 川村 直, 杉山 重里, 桜井 敏晴, 木庭 幸子, 奥山 隆平. P4-004 局所性Renin-Angiotensin systemの阻害による,がん関連線維芽細胞や骨髄系免疫細胞の制御を介したPD-1/PD-L1免疫チェックポイント阻害療法の効果増強. 日本臨床免疫学会会誌. 2014. 37. 4. 347b-347b
もっと見る
特許 (8件):
  • 癌治療用キット
  • 癌患者への癌免疫療法を含む癌治療法の適用の有効性を判定するマーカー及びその使用
  • 消化器癌患者への癌免疫療法の適用の有効性を判定する方法
  • 癌治療用キット
  • 癌患者への癌免疫療法を含む癌治療法の適用の有効性を判定するマーカー及びその使用
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2005 - 2009 慶應義塾大学 大学院 医学研究科 博士課程
  • 1997 - 2003 慶應義塾大学
  • 1994 - 1997 筑波大学附属駒場高等学校
学位 (1件):
  • 博士(医学) (慶應義塾大学)
経歴 (5件):
  • 2020/01 - 現在 京都大学 大学院医学研究科 免疫ゲノム医学講座 特定講師
  • 2016/04 - 2019/12 慶應義塾大学 医学部 先端医科学研究所(細胞情報研究部門) 専任講師
  • 2009/04 - 2016/03 慶應義塾大学 医学部 先端医科学研究所(細胞情報研究部門) 助教
  • 2008/04 - 2009/03 日本学術振興会特別研究員(DC2)
  • 2003/04 - 2005/04 慶應義塾大学病院 内科 研修医
所属学会 (5件):
日本内科学会 ,  日本臨床免疫学会 ,  日本免疫学会 ,  日本癌学会 ,  日本がん免疫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る