研究者
J-GLOBAL ID:201801017202221783   更新日: 2020年07月02日

阪口 毅

サカグチ タケシ | Sakaguchi Takeshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • コミュニティ福祉学研究科  コミュニティ福祉学専攻博士課程後期課程   准教授
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (6件): 境界 ,  領域性 ,  移動性 ,  コミュニティ論 ,  地域社会学 ,  都市社会学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2023 コミュニティの移動性と領域性に関する歴史社会学的研究:立川・砂川を事例として
  • 2014 - 2016 “異質性を含み込んだ「コミュニティ」の条件”に関する調査研究
論文 (9件):
  • 阪口 毅. 「都市エスニシティ」論以降のコミュニティ研究--「場所」と「出来事」の比較研究序説. 中央大学社会科学研究所年報. 2017. 21. 117-140
  • 阪口 毅. 「都市コミュニティ」の移動性と領域性に関する調査研究-インナーエリア・新宿大久保地域と「集合的な出来事」のエスノグラフィ-. 2016
  • 阪口 毅. 「都市コミュニティ」の創発性への活動アプローチ--大都市インナーシティ・新宿大久保地区の市民活動を事例として. 日本都市社会学会年報. 2015. 33. 191-211
  • 阪口 毅. “未発の状態”のエピステモロジー--『惑星社会のフィールドワーク』にむけて. 中央大学社会科学研究所年報. 2015. 19. 111. 122
  • 阪口 毅. フィールドワークの“遊び/揺らぎ”--新宿・大久保地区における「リフレクシヴな調査研究」の試み. 中央大学社会科学研究所年報. 2014. 18. 179-192
もっと見る
書籍 (3件):
  • 地球社会の複合的諸問題への応答の試み(中央大学学術シンポジウム研究叢書12)
    中央大学出版部 2020
  • “臨場・臨床の智”の工房--国境島嶼と都市公営団地のコミュニティ研究
    中央大学出版部 2019 ISBN:9784805713396
  • “境界領域”のフィールドワーク--“惑星社会の諸問題”に応答するために
    中央大学出版部 2014 ISBN:9784805713280
学歴 (3件):
  • 2012 - 2016 中央大学 文学研究科 社会学専攻
  • 2010 - 2012 中央大学 文学研究科 社会学専攻
  • 2006 - 2010 中央大学 文学部 人文社会学科社会学専攻
学位 (2件):
  • 修士(社会学) (中央大学)
  • 博士(社会学) (中央大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04/01 - 現在 立教大学 准教授
  • 2020/04/01 - 現在 立教大学 准教授
  • 2020/04/01 - 現在 立教大学 准教授
  • 2018/04/01 - 2020/03/31 立教大学 助教
受賞 (2件):
  • 2016/09/03 - 日本都市社会学会 第6回日本都市社会学会若手奨励賞
  • 2014/05/10 - 地域社会学会 第7回地域社会学会奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る