研究者
J-GLOBAL ID:201801017236161100   更新日: 2020年12月18日

伊藤 大将

イトウ ダイスケ | Ito Daisuke
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (2件): 悲嘆、喪失、メンタルヘルス ,  ジェンダー、セクシュアリティ
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2019 軽量社会学的方法による若年層の価値と規範に関する国際比較研究
  • 2017 - 2018 男女共同参画の視点による「これからの働き方」調査研究
  • 2016 - 2018 グローバル時代における若年世代の価値と規範に関する人間科学
  • 2016 - 2017 親の死と残された子供の精神的・身体的健康:死者とのつながりは悪影響を緩和するか
  • 2015 - 2016 女子大学生の就職活動経験:男子大学生と比較して
論文 (16件):
  • Evaluating the Quality of Online Survey Data Collected in 2018 in the USA: Univariate, Bivariate, and Multivariate Analyses. International Journal of Japanese Sociology. 2020. 1-23
  • 伊藤大将. 男女共同参画に関する大学生の意識調査、調査結果報告書. いしかわ女性基金. 2020. 1-83
  • 伊藤大将. 配偶者の死と残された人の死亡リスクの関係. 2019年度参加者公募型二次分析研究会全国高齢者パネル調査による高齢期の健康と生活に関する二次分析研究成果報告書. 2020. 91-107
  • Negative Attitudes toward Immigrants in Japan and the United States. Annual Meeting of American Sociological Association. 2019. 1-19
  • 伊藤 大将. Japanese Women and Men's Time Spent on Housework and Childrearing. Annual Meeting of American Sociological Association. 2018
もっと見る
MISC (7件):
  • 伊藤 大将. Midpoint Evaluation Report: Intervention of Alcohol Use, Reducing Access to Alcohol to Minors. Submitted to Department of Behavioral Health and Developmental Disabilities. 2014
  • 伊藤 大将. 翻訳 第15章:忘れられた犠牲者、忘れられた被告. 再論東京裁判:何を裁き、何を裁かなかったのか. 2013
  • 伊藤 大将. 第14章:東京裁判が中国に残した遺産 翻訳. 再論東京裁判:何を裁き、何を裁かなかったのか. 2013
  • 伊藤 大将. 第2章:東京裁判を書く 翻訳. 再論東京裁判:何を裁き、何を裁かなかったのか. 2013
  • 伊藤 大将. 編集者序文 翻訳. 再論東京裁判:何を裁き、何を裁かなかったのか. 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • Negative Attitudes toward Immigrants in Japan and the United States
    (2019)
  • Negative Attitudes toward Foreign Residents among the Young Japanese: Examining the Role of Ethical Beliefs
    (Asia Pacific Sociological Association 2018)
  • 若年層の意識・価値観調査(1)アメリカ全国ウェブ調査の回答者属性と変数間の関連
    (日本社会学会 2018)
  • Japanese Women and Men's Time Spent on Housework and Childrearing
    (American Sociological Association 2018)
  • 日米間の男女共同参画の違いについて
    (石川県人権擁護委員 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2007 - 2014 Georgia State University Dept. of Sociology
  • 2004 - 2007 Georgia State University Dept. of Sociology
  • 1998 - 2002 南山大学 英米科
  • 1995 - 1998 刈谷高校
学位 (1件):
  • Ph.D. in Sociology (Georgia State University)
経歴 (3件):
  • 2018/09 - 現在 東洋大学 国際学部グローバル・イノベーション学科 助教
  • 2015/04 - 2018/08 金沢大学 国際機構 特任助教
  • 2014/01 - 2015/02 Center for Pan Asian Community Services Asian American Community Research Institute Research Associate
受賞 (3件):
  • 2012/08 - Society for the Study of Social Problems Society for the Study of Social Problems Travel Scholarship
  • 2011/08 - Sage/Pine Forge Publications Sage/Pine Forge Professional Development Award in Teaching
  • 2010/08 - The Tule Lake Pilgrimage Committee Scholarship
所属学会 (2件):
日本社会学会 ,  American Sociological Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る