研究者
J-GLOBAL ID:201801017243404850   更新日: 2021年04月17日

姜 法雄

カン ポブン | Kang Bubwoong
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (6件): 生体化学 ,  生物有機化学 ,  有機合成化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  薬系化学、創薬科学
研究キーワード (1件): 有機合成化学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2021 - 2024 位置選択性の自在制御に基づく未開拓アシルスペルミジン天然物の網羅的な初の全合成
  • 2019 - 2021 位置特異的ベンゾイル化による未開拓ベンゾエート型プロドラッグ資源の迅速供給
  • 2016 - 2017 脱ヒドロホルミル化による第四級炭素構築法の開発
  • 2014 - 2015 ヒガンバナ科アルカロイドの立体多様化合成と抗腫瘍活性
  • 2014 - 2014 抗腫瘍活性を持つヒガンバナ科アルカロイドの立体多様合成
論文 (9件):
もっと見る
MISC (24件):
  • 清水夕稀、森田 康明、姜法雄*、久世 雅樹*. N-アシルイミドジカルボナートによる1,8-ジアシルスペルミジン類のカラムフリー全合成. 日本薬学会第141年会(広島)講演要旨集. 2021
  • Bubwoong Kang, Yuki Shimizu, Kaede Ikeda, Yasuaki Morita, Masaki Kuse. Column-Free Total Syntheses of 1,8-Diacylspermidines Enabled by N-Acylimidodicarbonate. 2021 #RSCPoster Twitter Conference. 2021
  • 清水夕稀, 森田康明, 姜法雄*, 久世雅樹*. N-アシルイミドジカルボナートによるスペルミジン天然物のカラムフリー合成. 日本農芸化学会関西支部第513回講演会 (神戸大学). 2020
  • 姜法雄*, 清水夕稀, 森田康明, 久世雅樹*. N-アシルイミドジカルボナートによる第一級アミン選択的アシル化反応. 第70回日本薬学会関西支部大会. 2020. H16-3
  • 姜法雄*, 丈達唯花, 大江拓人, 久世雅樹*. グリニャール試薬を用いるビベンジルの一段階合成. 第70回日本薬学会関西支部大会. 2020. P-20
もっと見る
書籍 (1件):
  • Organometallic News 2020
    近畿化学協会有機金属部会 2020
講演・口頭発表等 (5件):
  • グリニャール試薬を用いる生物活性ビベンジル類の合成
    (日本農芸化学会関西支部第513回講演会 (神戸大学) 2020)
  • コケ由来カンナビノイドRadulanin Jの不斉全合成
    (2020年日本農芸化学会関西支部オンライン講演会 2020)
  • 新しい反応を開発して作りにくそうなものを簡単に作る:ラヅラニンJの初の全合成と未開拓プロドラッグの位置特異的合成
    (兵庫バイオインダストリー研究会 第39回 特別講演会 2020)
  • ベンゾイン型環化反応と糖ケトン還元の選択性制御に基づくイノシトール全異性体の立体分岐合成
    (第15回六甲有機合成研究会 2019)
  • ベンゾイン型環化反応の選択性制御に基づくシクリトール立体異性体群の分岐合成
    (大阪市立大学理学部化学科談話会 2018)
学歴 (1件):
  • 2011 - 2016 京都大学
学位 (3件):
  • 博士(薬科学) (京都大学)
  • 修士(薬科学) (京都大学)
  • 学士(農学) (神戸大学)
経歴 (3件):
  • 2019/03 - 現在 神戸大学 大学院農学研究科 助教
  • 2018/04 - 2019/02 大阪市立大学 大学院理学研究科 物質分子系専攻 特任助教
  • 2016/11 - 2018/03 カリフォルニア大学アーバイン校 化学科 博士研究員
受賞 (3件):
  • 2021/03 - 六篠会 六篠学術奨励賞(所属講座において1名が選ばれる) 多官能基性ベンゾエート型プロドラッグおよびコケ由来ビベンジル類の迅速合成
  • 2020/03 - 日本農芸化学会 2020年度大会 優秀発表(合成・反応機構分野において56ある発表のうち3発表) 含ベンジル位シクロプロパンカンナビノイドRadulanin Jの不斉全合成
  • 2019/12 - 日本学術振興会 第12回有機触媒シンポジウム 優秀ポスター賞(46ある発表のうち3発表) Organic Base-Catalyzed Primary Alcohol-Selective Aroylation For Rapid Access to Complex Unexplored Prodrugs
所属学会 (5件):
有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会 ,  日本プロセス化学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る